邦画

映画「水曜日が消えた」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「水曜日が消えた」 あらすじネタバレ

映画『水曜日が消えた』は2020年5月公開の映画です。

大ヒット映画『君の名は。』でCGクリエイターをつとめた監督・吉野耕平のオリジナル脚本で、初の長編映画となる作品がついに映画化されました!

今回は映画『水曜日が消えた』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【水曜日が消えた】の作品情報


映画『水曜日が消えた』の作品情報は以下の通りです。

作品名 水曜日が消えた
配給会社 日活
公開日 2020年5月15日
上映時間 104分
音楽 林祐介
監督 吉野耕平
脚本 吉野耕平

本作は「映像作家100人 2019」に選ばれ、大きな注目を集めてきた吉野耕平が監督をつとめ、自身のオリジナル脚本で長編映画デビューを果たした作品です。

一人の男が7人の人格を持つ、“7人の僕”を演じるのは、4年ぶりの主演作となる、今をトキメク人気俳優の中村倫也です。

平穏に暮らしていたそれぞれの曜日から、突然“水曜日”がいなくなるという物語に、あなたも釘付けになること間違いなしです!

映画【水曜日が消えた】の予告動画

映画『水曜日が消えた』の予告動画をご紹介します!

映画【水曜日が消えた】のキャスト

映画『水曜日が消えた』の出演者をご紹介します。

“7人の僕”:中村倫也

中村倫也が演じるのは、幼い頃の交通事故の後遺症で、曜日ごとに入れ替わる7人の人格を持った男。

それぞれのことを曜日名で呼び合っている。

主人公の“火曜日”は、一番地味で退屈な存在。

一ノ瀬:石橋菜津美

石橋菜津美が演じる一ノ瀬は、主人公の元同級生。

“7人の僕”全員の存在を知っている。

瑞野:深川麻衣

元「乃木坂46」の深川麻衣が演じる瑞野は、図書館で働くヒロイン。

物語の鍵を握っている。

新木:中島歩

「ゲスの極み乙女。」の中島歩が演じる新木は、安藤医師の教え子。

“7人の僕”を見守る新任医師。

安藤:きたろう

きたろうが演じる安藤は、“7人の僕”を少年時代から見守っている医師。

スポンサーリンク

映画【水曜日が消えた】の見どころ


本作は大ヒット映画『君の名は。』でCGクリエイターをつとめた監督・吉野耕平のオリジナル脚本で、初の長編映画となる作品です。

次世代を担う映像クリエイターを選出するプロジェクト「映像作家100人 2019」にも選ばれています。

7人の人格を持つという主人公を演じるのは、今をトキメク大人気俳優の中村倫也。

“7人の僕”のそれぞれの性格や個性を、見事に演じきります。

それぞれが直接会うことはできず、曜日名で呼び合う“7人の僕”ですが、主人公となる地味で退屈な存在の“火曜日”の視点を通して物語が進行していきます。

そして、物語の鍵を握るヒロイン役には元「乃木坂46」の深川麻衣、“7人の僕”を見守る新任医師役には「ゲスの極み乙女。」の中島歩が抜擢!

撮影は福島県いわき市や、茨城県水戸市で行われ、地元のエキストラも参加しているそうです。

ごく普通の“火曜日”が、他の曜日の自分にいろいろな思いを抱きながら大事なものを見つけていくという、非現実であり、どこかリアリティを感じる見応えのある作品です!

映画【水曜日が消えた】のあらすじネタバレ

映画「水曜日が消えた」 あらすじネタバレ

幼い頃の交通事故をきっかけに、ひとつの身体で曜日ごとに入れ替わることになった“7人の僕”は、それぞれが曜日名で呼び合い、お互いが会うことはありません。

性格も個性も違う“7人の僕”の生活は不便ではあるものの、平穏に暮らしていました。

主人公“火曜日”は7人の中で一番地味で退屈な存在なので、家の掃除、荷物の受け取り、通院など・・・他の曜日に面倒なことを押し付けられる損な役回りです。

しかしある日“火曜日”が1日を終え、翌週の火曜日に備えてベッドに入って眠ると、翌朝の水曜日に目が覚めるという事態が・・・!

“火曜日”は見慣れないTV番組や、初めて聴く音楽など、いつもとは違う異変に気づくのです。

そう、今日は火曜日ではなく、水曜日・・・!そして“水曜日”が消えたのです。

初めは“火曜日”もいつもと違う水曜日を謳歌するのですが、徐々にその生活は、驚きと恐怖に変わっていきます・・・。

残された“火曜日”は、どうなってしまうのでしょうか・・・!

映画【水曜日が消えた】のまとめ

今回は、映画『水曜日が消えた』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

主人公“火曜日”の翌日を生きるはずの“水曜日”はいったいどこへ?驚くべき結末はぜひ劇場でご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク