洋画

映画「天使にラブ・ソングを…」のあらすじネタバレ!結末ラストも紹介!

映画「天使にラブ・ソングを…」 あらすじネタバレ

映画『天使にラブ・ソングを…』は1993年に公開された映画です。

日本でも大ブームが巻き起こった修道院が舞台の、笑いあり・涙ありの感動コメディー映画です!

今回は映画『天使にラブ・ソングを…』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【天使にラブ・ソングを…】の作品情報

映画『天使にラブ・ソングを…』の作品情報は以下の通りです。

作品名 天使にラブ・ソングを…
配給会社 ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
公開日 1993年4月17日
上映時間 100分
音楽 マーク・シェイマン
監督 エミール・アルドリーノ
脚本 ジョゼフ・ハワード

本作は世界中で愛されている『天使にラブ・ソングを…』シリーズの、第1作目となる作品です。

ギャングの愛人であるシンガーのデロリスが、修道院で生活を始めることで、素晴らしいゴスペルが誕生するという斬新なコメディー!

アメリカ映画で、本国では6か月ものロングランを記録した歴史に残る大ヒット映画です!

映画【天使にラブ・ソングを…】の主なキャスト

映画『天使にラブ・ソングを…』の主な出演者をご紹介します。

役名 キャスト
デロリス・ヴァン・カルティエ ウーピー・ゴールドバーグ
修道院長 マギー・スミス
メアリー・パトリック キャシー・ナジミー
メアリー・ロバート ウェンディ・マッケナ
メアリー・ラザラス メアリー・ウィックス
ヴィンス・ラ・ロッカ ハーヴェイ・カイテル
サウザー警部 ビル・ナン

 

スポンサーリンク

映画【天使にラブ・ソングを…】のあらすじ

映画『天使にラブ・ソングを…』のあらすじをご紹介します。

ネヴァダ州のカジノで働く売れないシンガーのデロリスは、不運にも不倫関係にあるヴィンスが殺人を犯しているところを目撃してしまいます。

口封じのために追ってくるヴィンスからデロリスを守るため、警察はデロリスを修道院に入れることにしました。

慣れない修道院生活に苛立つデロリスですが、あることがきっかけとなり、修道院聖歌隊の指揮をすることになります。

カジノシンガーだったデロリスの指導で、下手だった聖歌隊はみるみる成長し、街の人たちの人気も集めるほどになっていきます。

そんな中、デロリスが修道院にいる噂を聞きつけたヴィンスがやってきて、デロリスをさらっていくのですが・・・!

映画【天使にラブ・ソングを…】のネタバレ

映画『天使にラブ・ソングを…』のネタバレはこちら!

ネヴァダ州のカジノで歌う主人公・デロリスは、売れないシンガーでした。

そのカジノはマフィアのボスであるヴィンスが経営しており、デロリスはヴィンスの愛人でした。

いつまでも妻と別れないことに不満を募らせたデロリスは、ある日ヴィンスのもとへむかいます。

そこで不運にも、ヴィンスが組織の裏切り者を殺しているところを目撃してしまうのです。

デロリスはヴィンスから逃げるように警察に駆け込みました。

サウザー警部は以前から、マフィアのボスであるヴィンスを捕まえるため、何とか証拠を押さえようとしていました。

警察にとってデロリスはヴィンスを捕まえるための最重要証人です。

デロリスを始末しようと追ってくるヴィンスからデロリスを守るため、サウザー警部は修道院にデロリスを入れることにします。

そこなら、ヴィンスに見つからないと考えたからです。

 

聖キャサリン修道院の修道院長は、信仰とはほど遠い様子のデロリスを匿うことを強く反対します。

ですが、牧師になだめられ、しぶしぶ受け入れることにしました。

いよいよ、正体を隠したデロリスの慣れない修道院生活が始まります。

着慣れない修道着、食べ慣れない食事や習慣、そしてデロリスには耐えられないほどの禁欲生活です。

ある日曜日、デロリスは修道院聖歌隊の歌を耳にします。

修道院長でさえ顔をしかめるその歌は、正直ひどいものでした。

自由をなくしたデロリスにとって、修道院生活は耐えられないものでした。

修道着のまま修道院を抜け出し、街へ繰り出します。

しかし、デロリスを追って来たシスター・パトリックとシスター・ロバートにつかまり、思うように遊べないまま修道院へ戻ることに。

修道院を抜け出したことが院長に見つかり、デロリスは罰を与えられました。

その罰は、『下手な聖歌隊を指揮すること』でした・・・。

 

スポンサーリンク

聖歌隊の現指揮者であるシスター・ラザラスは、デロリスが指揮を任されたことを快く思いませんでした。

ですが、カジノで歌っていたデロリスの指導は的確で、聖歌隊はどんどん成長していきます。

そんな様子を見て、ラザラスもデロリスの指揮を認め始めます。

そして、シスターたちとデロリスの信頼関係も深まっていきます。

そしていよいよデロリスの指導で成長した聖歌隊が、ミサで歌を披露します。

ゴスペル風にアレンジされた新しい聖歌は、街の人たちから絶賛されます。

それをきっかけに、今までは人がほどんど集まらなかったミサに、デロリスの聖歌隊を目当てに大勢が集まるようになりました。

聖歌隊の活動は目覚ましく、寄付金も集まるようになり、テレビ局に取材されるほど注目を集めていくのですが・・・。

サウザー警部はデロリスの活躍が話題となることで、ヴィンスに見つかってしまうのではと心配します。

デロリスに、派手な活動はしないよう注意します。

しかし、シスターたちと歌と音楽を通して仲良くなり、充実した日々を送っているデロリスには届きません。

デロリスのの話題はどんどん膨らみ、ついにローマ法王からデロリスの聖歌隊の歌を聴きたいとオファーがきます。

まさかの事態に大喜びするシスターたちとデロリスですが・・・。

修道院長は、デロリスたちがアレンジしているゴスペルを、ローマ法王に聴かせるわけにはいかないと反対します。

ローマ法王の前では、伝統的な聖歌をお聴かせするべきという考えです。

ですが、デロリスは修道院長の意見に納得がいかず、今まで通りのゴスペルでシスターたちと歌の練習に励みます。

 

スポンサーリンク

そんな中、ついにヴィンスがデロリスが修道院にいる噂を嗅ぎ付けます。

警察にスパイがいたため、デロリスの居場所がバレてしまったのです。

二人の手下を仕向け、修道院からデロリスを連れ去ることに成功します。

しかし、デロリスと一緒にいたシスター・ラザラスも一緒に連れ去ってしまいます。

デロリスはなんとかラザラスを逃がすことができました。

デロリスが連れ去られたことに気づいたシスターたちは大騒ぎに・・・。

そして、ついにシスターたちはデロリスの正体を知ることになるのです。

修道院長からデロリスの正体を聞かされてもなお、どうしても助けに行きたいと言い出すのですが・・・!

映画【天使にラブ・ソングを…】の結末ラストは?

デロリスはすでに信仰心を持つシスターであることを認めた修道院長も、シスターたちと思いはひとつになりました。

シスターたちはデロリスを助けるため、ヴィンスのアジトであるムーンライトラウンジへ行くことを決意するのです。

その頃、デロリスを誘拐したヴィンスの手下二人は、まだデロリスを殺せずにいました。

ヴィンスにデロリスを始末するよう命じられているものの、修道着を身にまとうデロリスを殺すことを躊躇ってしまうのです。

デロリスは何とか隙を見計らって、手下二人から逃れることに成功します。

そして、いいタイミングで駆けつけたシスターたちと合流しますが、ヴィンスに見つかってしまい、銃を向けられます。

間一髪のところでサウザー警部が駆けつけ、デロリスもシスターたちもみな無事に救出されました。

 

全員無事に修道院へ戻りました。

ローマ法王が見守る中、聖堂は厳かな空気に満たされています。

デロリスと仲間たちは、伝統的な聖歌である『アイ・ウィル・フォロー・ヒム』を歌い始めます。

少し前まで修道院長でさえ顔をしかめていた聖歌隊の歌声は、誰もの心に響く美しい歌へ変わりました。

シスターたちの歌声に聖堂が満たされる中、ピアノがリズミカルに鳴り響きます。

デロリスとシスターたちの音楽である、ゴスペルが始まったのです。

デロリスのハスキーな歌声、メアリー・パトリックの圧倒的な声量、メアリー・ロバートの力強いシャウトが、聖堂内に響き渡ります。

デロリスは、修道院長の『伝統的な聖歌』を取り入れつつ、自分たちの心からの音楽を披露したのでした。

ローマ法王と街の人々のスタンディングオベーションを浴び、デロリスは満足そうに微笑みました。

映画【天使にラブ・ソングを…】のまとめ

今回は、映画『天使にラブ・ソングを…』のあらすじやネタバレ、結末ラストなどについてまとめました。

主人公・デロリスを演じるウーピー・ゴールドバーグの圧倒的な力強さと、個性的なシスターたちが織りなす感動作は、何度観ても心を奪われること間違いなしです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク