洋画

映画ティーンスピリットのあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画ティーンスピリット あらすじネタバレ

映画『ティーンスピリット』は2020年1月公開の映画です。

映画「ラ・ラ・ランド」の制作スタッフが手がけた、美しいイギリスのワイト島を舞台とした青春物語のミュージカルが映画となりました!

今回は映画『ティーンスピリット』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【ティーンスピリット】の作品情報


映画『ティーンスピリット』の作品情報は以下の通りです。

作品名 ティーンスピリット
配給会社 KADOKAWA
公開日 2020年1月10日
上映時間 94分
音楽 スティーブン・ギシュツキ
監督 マックス・ミンゲラ
脚本 マックス・ミンゲラ

本作は数々の人気ポップソングを中心に、内気な少女ヴァイオレット・バレンスキが音楽を通して成長していく物語です。

映画「ラ・ラ・ランド」の制作スタッフが贈る、夢をおいかける若者たちのエネルギー溢れた物語がついにスクリーンへ!

歌手になる夢を掴むべく奮闘する姿に、心を打たれること間違いなしです。

映画【ティーンスピリット】の予告動画

映画『ティーンスピリット』の予告動画をご紹介します!

映画【ティーンスピリット】のキャスト

映画『ティーンスピリット』の出演者をご紹介します。

ヴァイオレット・ヴァレンスキ:エル・ファニング

エル・ファニングが演じる主人公のヴァイオレットは、田舎町で母親と二人暮らしをする地味な高校生だ。

ある時「ティーンスピリット」という国際的に人気のあるオーディションの広告を目にする。

幼いころから音楽だけを心のよりどころにしてきた彼女は、歌手になるという夢を掴もうと決意した。

ヴラッド:ズラッコ・ブリッチ

ズラッコ・ブリッチが演じるヴラッドは、元オペラ歌手の男だ。

ヴァイオレットが働くパブで彼女の歌声を聴き、話しかける。

彼女が歌手になろうと決意するきっかけになった男だ。

マーラ:アグニェシュカ・グロホウスカ

アグニェシュカ・グロホウスカが演じるマーラは、主人公ヴァイオレットの母親だ。

イギリス南部のワイト島で娘と二人、暮らしている。

ヴァイオレットの父親であり、マーラの夫は娘が小さいころに家を出た。

シュールズ:レベッカ・ホール

レゲッカ・ホールが演じるシュールズは、「ティーンスピリット」の審査員の一人だ。

ヴァイオレットの歌唱力を認めるが、小さな田舎町で育った垢抜けなさを指摘、ヴァイオレットの成長を彼女なりに指示し、サポートする。

スポンサーリンク

映画【ティーンスピリット】の見どころ


映画「ラ・ラ・ランド」の制作スタッフによる「音楽」の演出力と、主人公のヴァイオレットを演じるエル・ファニングの歌唱力が見どころです。

映画の大半を占める音楽はポップソングが中心で、日本でも人気となった曲が多く使われているところも、今作を楽しめる大きなポイントです!

映画【ティーンスピリット】のあらすじネタバレ

映画ティーンスピリット あらすじネタバレ

小さな田舎町ワイト島が舞台となった、夢をおいかける少女ヴァイオレットの物語です。

移民として母子家庭で育ち、友達もいない少女ヴァイオレットは、幼いころから「音楽」が心のよりどころです。

高校生となったヴァイオレットは歌うことが大好きです。

彼女が働くパブで歌声を聴き、才能に気づいた元オペラ歌手の男ヴラッドの言葉が彼女を勇気づけます。

爆発的に人気のオーディション番組「ティーンスピリット」に、歌手になりたいという夢を叶えるべくエントリーしたことで、孤独な少女ヴァイオレットの運命が動き出します。

映画【ティーンスピリット】のまとめ

今回は、映画『ティーンスピリット』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

どんな時も心を熱くする青春物語が、ポップソングを中心としたミュージカル映画として楽しめます。

世界中から強敵が集まったオーデション番組に出演したヴァイオレットの結末は、ぜひ劇場でご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク