邦画

映画「ステップ」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「ステップ」 あらすじネタバレ

映画『ステップ』は2020年4月公開の映画です。

妻を亡くした夫がシングルファザーとなり、幼い娘と生きていく10年間が描かれた原作・重松清の感動の作品が、監督・飯塚健によってついに映画化されました!

今回は映画『ステップ』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【ステップ】の作品情報


映画『ステップ』の作品情報は以下の通りです。

作品名 ステップ
配給会社 エイベックス・ピクチャーズ
公開日 2020年4月3日
上映時間 118分
音楽 海田庄吾
監督 飯塚健
脚本 飯塚健

本作は妻に先立たれた主人公を山田孝之が、自身初となるシングルファザーという役どころで演じます。

『虹色デイズ』、『大人ドロップ』の監督・飯塚健が2009年からあたためていた企画で、監督自身も家庭環境が重なる部分があったという作品です。

亡くなった人の気配が残る場所で懸命に生きる父娘が、優しい人々に支えられながら少しずつ前に進んでいく姿に、あなたも感動すること間違いなしです!

映画【ステップ】の予告動画

映画『ステップ』の予告動画をご紹介します!

映画【ステップ】のキャスト

映画『ステップ』の出演者をご紹介します。

武田健一:山田孝之

山田孝之が演じる武田健一は、結婚3年目にして30歳の若さで妻を亡くす。

当時2歳の娘である美紀を育てるため、仕事、家事、育児に追われる日々を過ごすシングルファザー。

武田美紀:中野翠咲(2歳)・白鳥玉季(6歳)・田中里念(9歳)

2歳〜12歳までの10年間の武田美紀を演じた、それぞれの世代の三人の美紀。

美紀は2歳で母親を亡くす。

父・健一と二人三脚で、母親のいない人生を歩む。

ケロ先生:伊藤紗莉

伊藤紗莉が演じるケロ先生は、美紀を預けている保育園の優しい先生。

妻に先立たれ、男手一つで美紀を育てる主人公・健一をあたたかく応援する。

村松明:國村隼

國村隼が演じる村松明は、主人公・健一の義父。

男手一つになる健一に、美紀を引き取ろうかと声をかける。

父と娘で懸命に生きる二人を、いつもあたたかく見守り支える。

斎藤奈々恵:広末涼子

広末涼子が演じる斎藤奈々恵は、主人公・健一の会社の同僚。

良き理解者で、悩める健一の相談にのる。

スポンサーリンク

映画【ステップ】の見どころ


本作は、若くして妻を失った主人公がシングルファザーとなり、2歳の娘を育てながら生きていく10年間という長い歳月が描かれています。

監督・飯塚健は、同名小説の原作者・重松清の大ファンで、2009年から映画化する企画をあたため続けてきました。

主演の山田孝之をはじめ、伊藤沙莉、國村隼、余貴美子、広末涼子ら豪華俳優陣が、主人公のシングルファザーと娘をあたたかく見守る役どころをつとめます。

主題歌には秦基博がこの映画のために楽曲『或る』を書き下し、大切な人を亡くした気持ちを歌っています。

母を亡くした娘・美紀役には3人の名子役が抜擢され、2歳児〜12歳までの10年間、父と二人で懸命に生きる姿をそれぞえれが演じます。

大切な人を亡くし心に大きな穴が開いてしまった人々が、その悲しみと共に生き、前に進んで行く感動の姿が描かれています。

映画【ステップ】のあらすじネタバレ

映画「ステップ」 あらすじネタバレ

主人公・武田健一は結婚3年目、まだ30歳という若さで妻を亡くしました。

妻の父母に、2歳になる一人娘の美紀を引き取ろうかと声をかけられます。

しかし妻が亡くなって1年、健一は妻の気配をいまだ感じられるこの場所で、娘の美紀と二人で再出発することを決意します。

美紀を保育園に預けるも、子育てしながら仕事をするのは容易なことではありません。

仕事はフレックス制で務め、帰ってからは家事と育児に追われる多忙な日々を送る生活です。

亡き妻を思いながら過ごす日々の中で、数々の試練にぶつかりながらも美紀は成長していきます。

保育園の先生や、職場の同僚、亡き妻の父母は、そんな健一と美紀をいつもあたたかく見守り、応援してくれます。

そんな優しい人々に支えられながら、父娘の二人三脚で生きる10年間の姿です。

映画【ステップ】のまとめ

今回は、映画『ステップ』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

大切な人を亡くし心に大きな穴があいた後も、少しずつ前に進んでいく父娘の10年間の懸命な姿は、ぜひ劇場でご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク