洋画

映画スターウォーズエピソード7が駄作と言われる理由は?評価や感想まとめ

スターウォーズ エピソード7 駄作

大人気映画シリーズであるスターウォーズシリーズ。

興行収入は『マーベル・シネマティック・ユニバース』に次ぐ世界歴代2位を記録している大人気シリーズです。

しかし、そんな大人気映画でありながらいざ公開されてみるとネット上では「駄作」「つまらない」「がっかり」という評価を受けています。

今回は、『スターウォーズエピソード7/フォースの覚醒』が「駄作」「つまらない」と言われている理由について見ていきたいと思います。

なぜ、スターウォーズエピソード7は「駄作」と言われているのでしょうか?

スポンサーリンク

スターウォーズエピソード7が駄作と言われる理由は?

『スターウォーズエピソード7/フォースの覚醒』は、前作でルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミル、レイア・オーガナを演じたキャリー・フィッシャー、ハン・ソロを演じたハリソン・フォードなどレジェンドキャラクターが当時のオリジナルキャストで出演することも合って大きな反響と期待を得ました。

しかし、いざ公開されるとスターウォーズエピソード7は「駄作」「つまらない」と言わています。

 

『スターウォーズエピソード7/フォースの覚醒』が「駄作」と言われている理由は、以下の3つが考えられます。

理由1:過去の作品と似ている

理由2:レジェンドキャラクターの扱いが酷い

理由3:悪役のカイロ・レンが弱い

各理由について1つずつ見ていきましょう!

理由1:過去の作品と似ている

エピソード7は新作であるにもかかわらず、以下に上げるような1977年に公開された第1作目(エピソード4)を思わせるシーンがあります。

・敵に関する重要なデータを持ったドロイドが砂漠の惑星で敵から逃げ回る
・助けを求めるために宇宙人たちが集まる酒場へ向かう
・惑星型の超巨大兵器が、ビームで惑星をまるごと破壊する
・味方の秘密基地が設置されている惑星が攻撃される前に、敵基地の攻撃にかかる
・戦闘機で敵基地に突入して弱点を破壊して基地を粉砕する

以上のシーンから過去作品を見た人などは既視感を感じたために「駄作」「つまらない」というような評価がついたのではないでしょうか。

理由2:レジェンドキャラクターの扱いが酷い

本作では、1977年から公開されたエピソード4~6のスター・ウォーズキャラクターが登場します。

しかし、前作『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の主人公で帝国を滅ぼした英雄であるはずのルーク・スカイウォーカーは「弟子が裏切ったことでジェダイの再建に失敗し、責任を感じて逃げた」という情けない理由で行方不明になっています。

さらに、ハン・ソロも実の息子に殺されるというあまりにも悲しい最後を遂げてしまいます。

このことから「過去作品のヒーローなのに扱いがひどすぎる」「ファンの夢を壊す」「スター・ウォーズへのリスペクトがない」など一部のファンから「駄作」だと不評を買ってしまっています。

理由3:悪役のカイロ・レンが弱い

エピソード7のメインヴィランであるカイロ・レンは言わずと知れた名悪役、ダースベイダーの孫に当たる人物という設定があります。

そんな人物の血をひいているにもかかわらず、劇中では以下のような行動をとっています。

・思い通りにならないとヒステリーを起こして周りのものに当たり散らす
・自分は祖父ほど強くなれないかも知れないと内心で恐怖や不安をいだいている
・ライトセイバーを初めて握り、ろくに戦闘経験もない少女と戦って負ける

以上のように普段冷徹に振る舞っているものの、どこか心が不安定で覚悟を決められていないような振る舞いを見せたり、父親のハン・ソロを殺したことで動揺したりします。

他にも、チューバッカに腹部を撃ち抜かれる重症を負っていたハンデがあったものの、上記のように初めてライトセイバーを握った主人公の少女レイに圧倒されて敗北するという、ダースベイダーとは似ても似つかないヘタレぶりでした。

そのため「弱すぎ」「スター・ウォーズの悪役としてはダメ」というような酷評を受けています。

以上のことがスターウォーズエピソード7を「駄作」と感じさせる要因でしょう。

スポンサーリンク

スターウォーズエピソード7の評価

日本では「駄作」という声が上がっている一方で、最終興行収入は2016年に公開された海外の映画の中でも第1位の成績を収めています。

アメリカでも公開初日の興行収入では歴代の最高記録を叩き出し、さらにレイトショーでも興行収入で最高記録を出しています。

公開前も公開後も話題となる大人気シリーズということは変わりません。

また、「理由1:過去の作品と似ている」という点も見方によっては「原点回帰」をしているとも言え、第1作目をリスペクトしている作品であるという評価もあります。

映画スターウォーズシリーズを無料で視聴する方法!

 

映画スターウォーズシリーズを無料で視聴する方法をご紹介します。

今回ご紹介するサービスはどちらも大企業が運営するサービスなので、安心して利用することができますよ!

一番のおすすめはU-NEXT!

映画スターウォーズシリーズを視聴するなら動画配信サービスU-NEXTが一番おすすめです!

U-NEXTの主な特徴は以下の通りです。

・動画見放題作品は14万作品以上
・31日間の無料期間がある
・登録・解約が簡単にできる
・無料登録すると600ポイントがもらえる
・最新作もいち早く配信
・電子書籍も配信(雑誌、漫画、書籍)
・スターウォーズシリーズ全作品配信
・ダウンロードすれば通信容量を気にせず視聴可能

 

最近は様々な動画配信サービスがありますが、U-NEXTは見放題作品が業界ナンバーワンで、登録や解約も非常に簡単にできることからおすすめしています。

U-NEXTでは、31日間の無料トライアルキャンペーンを実施中です!

無料登録すると、特典で600ポイントが付与されます。

U-NEXTには見放題作品ポイントレンタル作品の2種類があります。スターウォーズはポイント作品ですが、無料登録時に付与される600ポイントを使用することで、スターウォーズシリーズを1作品無料で視聴することが可能です。

 

2019年12月現在、U-NEXTで配信されているスターウォーズ作品は以下の通りです。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』
『スター・ウォーズ8/最後のジェダイ』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』
『スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3』
『スター・ウォーズ 反乱者たち ファイナルシーズン』

スターウォーズシリーズ全作品はもちろん、スピンオフ作品も多数配信中です。

 

U-NEXTの登録は簡単で、約1分で完了します。

無料期間中の解約も可能で、無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません。完全にノーリスクでU-NEXTを楽しむことができます!

U-NEXTでは、業界ナンバーワンの見放題作品を配信しています。スターウォーズの他にも様々な作品がありますので、映画好きにはたまらないサービスです!

 

▼約60秒で登録できます!▼

登録後600ポイントゲット!好きな作品の視聴が可能です。

 

↓解約方法は以下のリンクで解説しています。

※無料期間中に解約した場合、お金は一切かかりません。

 

動画配信以外では「TSUTAYA DISCAS」がおすすめ!

レンタルサービスとして有名なTSUTAYA。

TSUTAYAでは、店舗レンタルの他にオンラインでのレンタルサービスを行っています。

BL/DVD、CDの宅配レンタル(TSUTAYA DISCAS)動画配信サービス(TSUTAYA TV)があります。

 

スターウォーズは宅配レンタルの「TSUTAYA DISCAS」で借りることができます!

PC・スマホで予約

自宅に郵便でお届け

ポストに返却

という非常にシンプルでわかりやすいレンタル方式です。

作品は最短で翌日に自宅に届くという点も嬉しいですね!

 

「定額レンタル8+動画見放題プラン」は、初回30日間の無料トライアル期間があります。

定額レンタル8→無料期間中は旧作8作品まで無料でレンタル可能。無料期間後は新作のレンタルも可能。

動画見放題プラン→新作・準新作を除く対象作品約10,000タイトル以上が見放題。1,100円分のポイントでポイント作品の視聴可能。

 

無料期間中の解約も可能で、無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません。完全にノーリスクでTSUTAYAレンタルサービスを楽しむことができます!

この無料期間を使って、スターウォーズをレンタルしてみてはいかがでしょうか?

 

▼約60秒で登録できます!▼

登録後1,100ポイントゲット!好きな作品の視聴が可能です。

 

↓解約方法は以下のリンクで解説しています。

※無料期間中に解約した場合、お金は一切かかりません。

 

スターウォーズエピソード7の感想

「駄作」という評価もある『スターウォーズエピソード7/フォースの覚醒』ですが本当にそうだったのでしょうか?

エピソード7は「駄作」だという人がいるにもかかわらず、2016年の興行収入ランキングでは『君の名は。』に次ぐ2位に位置しており、好成績を記録しています。

レジェンドキャラクターの気になる「その後」が描かれたことや、過去作品を彷彿とさせる作風は一部のファンからすれば望まない形になってしまったかもしれません。

しかし、新旧キャラクターの世代交代なども描かれていたため「過去作のファンとこれからのファンの両方に向けて作られたスターウォーズ」という捉え方ができるでしょう。

 

悪役のカイロ・レンもあまり強いようには描かれていませんでしたが、自分のあり方に苦悩する一人の若者であり「作品とともに成長する悪役」として今後を見守ろうというような感情移入をさせてくれます。

※一応カイロ・レンの名誉のために述べておくと、カイロ・レンは祖父のアナキンや父のハンと同様に類まれな戦闘機の操縦技術を持つ名パイロットです。さらに、ライトセイバーによる戦闘技術も「恐るべき腕前」と言われているほどで、それらは次回作のエピソード8で発揮してくれます。

まとめ

今回は、『スターウォーズエピソード7/フォースの覚醒』が「駄作」「つまらない」と言われている理由について見てきました。

理由をもう一度まとめると以下の通りです。

理由1:過去の作品と似ている

理由2:レジェンドキャラクターの扱いが酷い

理由3:悪役のカイロ・レンが弱い

駄作と言う人がいる一方で、面白いという人もいるスターウォーズエピソード7。

ぜひ一度鑑賞してから判断してみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク