邦画

映画「シグナル100」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「シグナル100」 あらすじネタバレ

映画『シグナル100』は2020年1月公開の映画です。

原作・宮月新、作画・近藤しぐれによる学園スリラー漫画が、「R-15指定」でついに実写化されることとなりました。

今回は映画『シグナル100』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【シグナル100】の作品情報


映画『シグナル100』の作品情報は以下の通りです。

作品名 シグナル100
配給会社 東映
公開日 2020年1月24日
上映時間 88分
音楽 Jin Nakamura
監督 竹葉リサ
脚本 渡辺雄介

本作は主演・橋本環奈が学園を舞台とし、教師に恐ろしい催眠をかけられることで始まった、生徒たちが繰り広げる「デスゲーム」の映画です。

恐ろしいゲームの発動条件は、「歩く」、「しゃべる」、「スマホを見る」など100個の日常の何気ない行動です。

生き残るためにとる「裏切り」や「生贄」という生徒たちの残酷な選択と、二転三転する人間ドラマに目が離せないこと間違いなしです。

映画【シグナル100】の予告動画

映画『シグナル100』の予告動画をご紹介します!

映画【シグナル100】のキャスト

映画『シグナル100』の出演者をご紹介します。

樫村怜奈:橋本環奈

橋本環奈が演じる主人公・樫村玲菜は、教師に恐ろしい自殺催眠をかけられた2-C組36人の生徒の中の一人だ。

クラスで誰に何が起こっていようと無関心なタイプ。

ゲーム始動中にクラスメイトの和田隼に標的にされ、殺されかける。

榊蒼汰:小関裕太

小関裕太が演じる榊蒼汰は、停学処分中だったことで、2-C組のクラスメイトで唯一催眠にかけられていない登場人物だ。

リーダー的な存在で、主人公・樫村玲菜のことが好き。

クラスメイトを次々とピンチから救うものの、和田隼に標的にされる。

和田隼:瀬戸利樹

瀬戸利樹が演じる和田隼は、催眠にかけられた2-C組36名のクラスメイトの中で一番利己的で、悪の要素が強い登場人物だ。

自分の身を守るために、簡単にクラスメイトを騙し、裏切り、ハメていく。

クラスメイトの大半をうまくそそのかし、自分の思い通りになる支持者を増やす。

下部:中村獅童

中村獅童が演じる下部は、2-C組の生徒に自殺催眠をかけ、ゲームを始動させた教師だ。

恐ろしい催眠にかけたことを生徒に告げた直後に自殺する。

ゲーム中には幻想という形で登場し、生徒たちへ更なる残酷な宣告をする。

スポンサーリンク

映画【シグナル100】の見どころ


本作は教師に「自殺催眠」にかけられるという極限の中で、36人中生き残れるのはたった一人という、救いのない完全なるデスゲームの映画です。

学園が舞台となっており、生徒たちの「いじめ」「学級崩壊」「無関心」という日常の問題がクローズアップされており、ストーリーがさらに残酷に進んでいくところが見どころです。

生徒の中には裏切り者がいることや、生贄をつくり上げようとする行動など、ぞっとする予想もできない展開に目が離せません。

生き残るために極限へと追い込まれる、教師と生徒の残酷なデスゲームの結末に、あなたも愕然とすること間違いなしです。

映画【シグナル100】のあらすじネタバレ

映画「シグナル100」 あらすじネタバレ

中村獅童が演じる、教師・下部によって2-C組の生徒36名が「自殺催眠」にかけられてしまいます。

100個の発動条件となる「歩く」「しゃべる」「スマホを見る」などの日常で当たり前に行っている行動をしてしまうと、自殺してしまうという設定の催眠です。

催眠を解除する方法は、「クラス全員の死を見届ける最後の一人になること」です。

ストーリーが進むにつれ、いくつかの残酷なゲームを生徒たちはクリアしていかなければいけません。

橋本環奈が演じる主人公・樫村玲菜たちは、残酷なゲームの極限の中、本性を現した者の二転三転する人間ドラマにも苦しみます。

生き残るのは誰なのか、なぜ教師は生徒に自殺催眠をかけたのか・・・

映画【シグナル100】のまとめ

今回は、映画『シグナル100』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

催眠にかけられた生徒たちが、発動条件となる行動をしてしまうことで次々と自殺するという狂気のストーリーです。

監督・竹葉リサ、脚本・渡辺雄介の完璧なデスゲームを、ぜひ劇場でご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク