洋画

映画「スケアリーストーリーズ 怖い本」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「スケアリーストーリーズ 怖い本」 あらすじネタバレ

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』は2020年2月公開の映画です。

全米の図書館に本を置くことを禁じられたほどの問題作がついに映画化!

今回は映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【スケアリーストーリーズ 怖い本】の作品情報

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』の作品情報は以下の通りです。

作品名 スケアリーストーリーズ 怖い本
配給会社 クロックワークス
公開日 2020年2月28日
上映時間 108分
音楽 マルコ・ベルトラミ
監督 アンドレ・ウーブレダル
脚本 ダン・ハーゲマン ケビン・ハーゲマン

全米の子供たちにトラウマを与え、図書館に置くことを禁じられたベストセラーがついに映画化!

実際の事件を彷彿とさせる描写や恐ろしいスティーブン・ガンメルの挿絵に学校の教師や親から苦情が殺到したほどの問題作です。

主役となるキャストには、今後の映画界を牽引する新しい才能が揃ったので期待が高まります。

 

映画【スケアリーストーリーズ 怖い本】の予告動画

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』の予告動画をご紹介します!

 

映画【スケアリーストーリーズ 怖い本】のキャスト

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』の出演者をご紹介します。

ステラ:ゾーイ・コレッティ

作家を夢見るホラー好きの少女で、興味本位で幽霊屋敷から本を持ち帰ってしまいます。

ステラを演じたゾーイ・コレッティは、2001年生まれの18歳で勢いのある若手女優です。

2006年から女優活動をスタートさせ、映画は「スケアリーストーリーズ 怖い本」が初出演となります。

 

ラモン:マイケル・ガーザ

ミルバレーにやってきた少年で、ある出来事がきっかけでステラと仲良くなります。

ラモンを演じたマイケル・ガーザは、今後の映画界を牽引する若手俳優です。

主な出演作は、まだ多くありません。

 

オギー:ガブリエル・ラッシュ

https://twitter.com/scarystoriesjp/status/1229602435850817538?s=20

少し捻くれているが、頭の回転が早くて友達思いな少年。

オギーを演じたガブリエル・ラッシュは、今後の映画界を牽引する若手俳優です。

主な出演作は、まだありません。

 

トミー:オースティン・エイブラムス

ステラたちをよくからかっている農家出身の少年。

トミーを演じたオースティン・エイブラムスは、今後の映画界を牽引する若手俳優です。

主な出演作は、まだありません。

 

ロイ:ディーン・ノリス

妻が失踪した過去があり、娘のステラと二人で暮らしている優しい父親。

ロイを演じたディーン・ノリスは、30年以上のキャリアとなるベテラン俳優です。

『リーサル・ウェポン2』や『トータル・リコール』など数多くの映画で脇役を務めたり、TVドラマにもゲスト出演してきました。

 

スポンサーリンク

映画【スケアリーストーリーズ 怖い本】の見どころ

この映画の見どころは、背筋が凍るような物語と強烈なモンスターが登場するところです。

『パンズ・ラビリンス』のペイルマンやパン、『シェイプ・オブ・ウォーター』の半魚人など多くのモンスターやクリーチャーを生み出してきたギレルモ・デル・トロ。

彼は映画屈指ともいうべき、クリーチャー愛にあふれたクリエイターです。

予告編を見る限り、物語だけでなくモンスターもかなり不気味で怖そうですよね。

原作は子供にトラウマを与えたとして全米の図書館に置くことが禁じられたほどなので、どんな内容になっているのか楽しみです!

 

映画【スケアリーストーリーズ 怖い本】のあらすじネタバレ

映画「スケアリーストーリーズ 怖い本」 あらすじネタバレ

ハロウィンの夜、町外れの幽霊が出ると噂の屋敷に忍び込んだステラたち。

彼らは地下室で一冊の本を見つけ、ページを開くと数々の噂に聞いた怖い話が綴られていました。

ホラー好きで作家を夢見るステラはこっそり本を持ち帰ることに。

しかし翌日から仲間が一人、また一人と消えていきます。

彼らの身を案じていたステラたちは、本の余白ページに新たな物語が浮かび上がってくるのを見てしまうのです。

しかも主人公は消えた仲間たちで、それぞれが一番怖いものに襲われる物語でした。

果たして次の主人公は誰なのか、怖い本からは誰一人逃げられない……。

 

映画【スケアリーストーリーズ 怖い本】のまとめ

今回は、映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

子供達にトラウマを与え、スティーブン・ガンメルの挿絵に教師や親から苦情が殺到するほど怖いなんて凄いですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク