邦画

映画「今夜、ロマンス劇場で」のあらすじネタバレ!結末ラストも紹介!

映画「今夜、ロマンス劇場で」 あらすじネタバレ

映画『今夜、ロマンス劇場で』は2018年に公開された映画です。

「のだめカンタービレ」シリーズの武内英樹が監督をつとめ、綾瀬はるかと坂口健太郎がダブル主演を果たしたラブストーリー!

今回は映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【今夜、ロマンス劇場で】の作品情報

映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報は以下の通りです。

作品名 今夜、ロマンス劇場で
配給会社 ワーナー・ブラザース映画
公開日 2018年2月10日
上映時間 108分
音楽 住友紀人
監督 武内英樹
脚本 宇山佳佑

映画の中からモノクロの姿で現れた美しいヒロインと、若き助監督が恋に落ちるという、ファンタスティックなラブストーリー。

モノクロの映画の世界から、色彩ある現実の世界に飛び出して来たヒロインには、誰にも言えない悲しい秘密が・・・!

昭和35年と現在を行き来するロマンティックで切ない物語に、あなたも虜になること間違いなしです!

映画【今夜、ロマンス劇場で】の主なキャスト

映画『今夜、ロマンス劇場で』の主な出演者をご紹介します。

役名 キャスト
美雪 綾瀬はるか
牧野健司 坂口健太郎
成瀬塔子 本田翼
本多正 柄本明
俊藤龍之介 北村一輝
山中伸太郎 中尾明慶
吉川天音 石橋杏奈
病室の老人 加藤剛
成瀬撮影所長 西岡德馬

 

スポンサーリンク

映画【今夜、ロマンス劇場で】のあらすじ

映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじをご紹介します。

若い助監督・牧野健司は、モノクロの古い映画に出てくるヒロインを気に入って夢中になっていました。

その映画が最後の上映をむかえる日、突然劇場に雷が落ち、映画の中のヒロイン・美雪が現実の健司の前に現れます。

こちらの世界に興味津々なモノクロの美雪は現代の服に着替え、メイクで姿をごまかしながら健司との生活を始めます。

二人の男女は次第に惹かれ合いますが、映画の中から出てきた美雪には重大な秘密がありました。

健司は映画のヒロインである美雪と一緒にいるため、ある決断を下すのですが・・・。

映画【今夜、ロマンス劇場で】のネタバレ

映画『今夜、ロマンス劇場で』のネタバレはこちら!

モノクロ映画『お転婆姫と三獣士』。

第二次世界大戦より前につくられたその映画は、時代の流れとともに廃墟処分になりかけたまま、『ロマンス劇場』のロッカーに放置されていました・・・。

 

〜昭和35年・1960年〜

映画の助監督・牧野健司が見つけ出し、誇りをかぶったそのフィルムの上映を始めます。

『お転婆姫と三獣士』に出てくるヒロイン・美雪の美しさに魅了された健司は、何度もその映画を鑑賞していました・・・。

〜現代〜

長期入院中の老人には、いつも見舞いにくる可愛らしい孫らしき女性がいました。

しかしこの孫は老人が転倒しても、手を貸すこともしないのです。

病院内では「財産目当てなんじゃないの?」と、影で噂になっていました。

老人が以前は映画に携わる仕事をしていると聞いていた看護師の天音は、老人に話を聞かせて欲しいとせがみます。

すると老人は、ある物語を語り始めました・・・。

 

〜昭和35年・1960年〜

駆け出しの助監督・牧野健司は、日々雑用に追われる日々を送っていました。

当時、スター俳優の俊藤龍之介が出演する『ハンサムガイ』シリーズが大人気。

俊藤龍之介は発言力を持っており、ミュージカルで美しいヒロインと共演したいと監督に言っていました。

雑用を押し付けられる日々を送る健司の楽しみは、月曜の深夜に『ロマンス劇場』でお気に入りの映画を観ることでした。

劇場のオーナーの本多にお願いし、月曜深夜だけは健司の好きな映画を上映させてもらっていたのです。

健司はロマンス劇場のロッカーでくすぶっていた『お転婆姫と三獣士』を見つけ出しました。

その映画のヒロイン、美雪の美しさに魅了された健司はそればかり観ていたのです。

しかし、ある夜、健司は本多からショッキングなことを聞かされます。

『お転婆姫と三獣士』はもともと廃棄処分になる予定だった映画なので、一本しかない貴重なものでした。

それを高価な値段で買い取ってくれる人が決まり、今夜が見納めになるのです。

健司が残念に思いながらも『お転婆姫と三獣士』を見納めしている中、嵐がやってきて劇場に落雷が・・・。

停電になった劇場が再び明るくなった時、健司の目の前に映画の中のヒロインの美雪が、モノクロのままの姿で現れたのです。

健司は慌てふためきますが、モノクロの美雪をここに置いて帰るわけにはいきません。

なんとか美雪を説得し、健司は自宅に連れて帰ることに。

しかし、映画の美雪はお姫様なので、健司を無礼者呼ばわりします。

帰り道の道中で遭遇した警官にまで、美雪は持っていた棒で殴りにかかるありさまです。

さらに、健司の粗末なアパートを牢獄呼ばわりし、健司を「お前は私のしもべだ!」と言い放ちます。

 

スポンサーリンク

翌日、健司は美雪を置いて出かけるわけにもいかず、リヤカーにモノクロの美雪を乗せ、その上から毛布をかぶせて撮影所まで連れて行きました。

そして、控え室に美雪を入れ、メイク道具と衣装を渡します。

美雪はメイクで自分に色をつけ、現代の服に着替えて、普通の人のような姿になりました。

変装できた美雪は、撮影現場で好き放題してしまいます。

周囲からは健司の恋人と見なされ、美雪の行動に健司は叱られます。

現場にいた人気俳優の俊藤は美雪を気に入り、ヒロインに抜擢するよう言いますが、健司はなんとかその場をしのぎます。

その後、騒動のどさくさの中、スモークにまぎれたダイナマイトが爆発し、俊藤が巻き込まれる事態に・・・。

俊藤は無事でしたが、そのショックで人柄が変わってしまいます。

 

健司は映画の中の美雪に憧れていましたが、現実で問題ばかり引き起こす美雪に腹を立てていました。

そして美雪に「もう、うんざりだ」と言ってしまいます。

美雪はショックを受けて雨の中、飛び出して行ってしまいました。

健司は自分が言ってしまったことを後悔し、美雪を追いかけ、引き戻しました。

美雪が探していたお守りのオカリナの笛を探し出すと、二人の頭上には二本の虹が架かりました。

「二本虹が架かると、願い事が叶う・・・。」

健司は美雪に、そう教えてやりました。

 

〜現代〜

老人のここまでの話に、わくわくしながら聞き入っていた看護師の天音は、話の続きを聞かせて欲しいと頼みます。

老人は話の続きを始めます・・・。

 

〜昭和35年・1960年〜

健司が勤める撮影所の所長の娘・成瀬塔子は、健司に恋心を抱いていました。

大好きな健司が活躍できるよう、健司のことを父に助言したりしていました。

その頃、健司は美雪との話を脚本に書き始めていました。

健司が机にばかり向かうので美雪は退屈していましたが、「シナリオハンティング」と称し、美雪をあちこちへ連れて行って撮影もしました。

脚本を書いてはいるものの、まだ結末を決めていないと健司は美雪に話します。

塔子の後押しもあり、健司の脚本が採用されることになりましたが、結末はハッピーエンドにするよう指示が出されていました。

健司と美雪はお互いに惹かれ合っていました。

健司は、いよいよ監督になれる日が近いとふみ、美雪にプロポーズらしきことをするのですが・・・。

映画から出てきた美雪には、重大な秘密があったのです。

こちら(現実)の世界の人に触れてしまうと、美雪は消えてしまうのでした。

ショックを受けた健司は「なんでこちらの世界に出てきたのか」と、思わず美雪を責めてしまいました。

すると美雪は「うずもれた作品から見つけ出し、観てくれたお前に会いたかったからだ」とついに本当の気持ちを吐き出しました。

化粧をぬぐった手を健司に見せ、色がない自分は、健司とは生きられないと告げるのです。

そして、美雪は健司の家から出て行きました。

しかし行く当てもなく、公衆電話ボックスで雨宿りしているところに、ロマンス劇場のオーナーである本多が現れました。

本多は美雪を劇場に連れて行き、部屋を与えます。

本多も以前、映画から出てきた女性と恋に落ちた過去があったのでした。

 

美雪が去った後落ち込んでいる健司に、俳優の俊藤が声をかけ励まします。

その言葉に健司は勇気をもらいます。

そのころ空には二本の虹が架かっていて、二人は別々の場所でそれを見ていました。

健司は美雪に会いたい一心で劇場へ向かいました。

美雪は健司に会うのをためらいます。

しかし健司の想いを知った美雪は、最後に一度だけ抱きしめて欲しいと頼みます。

スポンサーリンク

映画【今夜、ロマンス劇場で】の結末ラストは?

〜現代〜

老人からそこまでの話を聞き終えた看護師の天音は、二人は結局どうなったのかと老人に問います。

結局、その脚本は映画にならなかったと老人は言い、だから結末も書いていないと天音に告げます。

幸せな結末がいいと天音が言ったところで、老人の孫らしき女性が現れました。

老人が起き上がろうとしても、孫はやはり手をかそうとしませんでした。

この女性は老人の孫ではなく美雪で、老人は健司だったのです。

美雪は健司に、幸せな結末がいいと言い、健司は執筆を再開します。

 

〜昭和35年・1960年〜

健司は美雪を抱きしめませんでした。

そして、一生美雪に触れられなくても、美雪と一緒にいることを誓うのです。

健司が勤めていた映画会社は倒産し、健司は『ロマンス劇場』の本多の跡を継ぎました。

美雪には触れることなく、それでも二人は仲良く過ごしていました。

手を繋ぐ変わりに、ネクタイや手ぬぐいの両端を持ち合って歩きました。

やがて時代の流れで、ロマンス劇場も閉鎖しました。

 

〜現代〜

アルバムを見ていた美雪の元に、健司が危篤状態だと病院から電話がありました。

健司の元に駆けつけた美雪は、健司に最後のお願いをします。

はじめて健司の手を握り、胸に顔を押し寄せました。

健司も美雪の手を握り返しました。

美雪は消え去り、健司は他界しました。

看護師の天音は、書き上がった原稿を見つけます。

 

〜ラストシーン〜

健司はモノクロ映画の中で、お転婆姫の美雪とダンスシーンで踊っていました。

映画の中には健司の知り合いも沢山登場します。

みんなに見守られる中、健司は美雪に赤いバラを差し出します。

美雪がそれを受け取ると、一瞬にして世界に色がつきました。

健司と美雪がキスをし、みんなから拍手喝采を受けるのでした。

映画【今夜、ロマンス劇場で】のまとめ

今回は、映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじやネタバレ、結末ラストなどについてまとめました。

綾瀬はるかと、坂口健太郎がダブル主演を果たしたファンスティックなラブストーリーに、あなたも感動すること間違いなしです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク