洋画

映画リチャード・ジュエルのあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画リチャード・ジュエル あらすじネタバレ

映画『リチャード・ジュエル』は2020年1月公開の映画です。

1996年アトランタで起こった爆破テロ事件の実話を、クリント・イーストウッドが監督、サスペンスドラマとして映画化されました。

今回は映画『リチャード・ジュエル』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【リチャード・ジュエル】の作品情報

映画『リチャード・ジュエル』の作品情報は以下の通りです。

作品名 リチャード・ジュエル
配給会社 ワーナー・ブラザース映画
公開日 2020年1月17日
上映時間 131分
音楽 アルトゥロ・サンドバル
監督 クリント・イーストウッド
脚本 ビリー・レイ

警備員として働くリチャード・ジュエルは爆破テロ事件となる不審な鞄を発見します。

その鞄を見つけたことで一時は英雄視されたジュエルを、FBIが第一容疑者にかけたことで、アトランタのメディアが連日大騒ぎとなります。

ジュエルの友人の弁護士ブライアントと、ジュエルの母親のボビが無実を訴え、強すぎる国家権力と、容赦のないメディアリンチに立ち向かう姿に、あなたも引き込まれること間違いなしです。

映画【リチャード・ジュエル】の予告動画

映画『リチャード・ジュエル』の予告動画をご紹介します!

映画【リチャード・ジュエル】のキャスト

映画『リチャード・ジュエル』の出演者をご紹介します。

リチャード・ジュエル:ポール・ウォルター・ハウザー

ポール・ウォルター・ハウザーが演じるリチャード・ジュエルは、アトランタで警備員として働いている。

アトランタでの五輪開催中に不審な鞄を見つけたが、FBIとメディアの陰謀で、爆破テロの第一容疑者として仕立て上げられる。

ワトソン・ブライアント:サム・ロックウェル

サム・ロックウェルが演じるブライアントは、ジュエルの友人であり、彼の無実を信じるたった一人の弁護士だ。

口は悪いが正義感が強く、国家権力やメディアの力にも信念を曲げずに立ち向かい、やがて大きすぎる問題を明らかにしていく。

ボビ・ジュエル:キャシー・ベイツ

キャシー・ベイツが演じるボビ・ジュエルは、爆破テロ事件の第一容疑者とされたリチャード・ジュエルの母親だ。

大勢の命を救った我が子にかけられた、恐ろしすぎる容疑の無実を訴え続ける。

トム・ショウ:ジョン・ハム

ジョン・ハムが演じるトム・ショウは、爆破テロの第一容疑者の逮捕を急ぐFBIの捜査員。

キャッシー・スクラッグス:オリビア・ワイルド

オリビア・ワイルドが演じる女性記者のキャッシー・スクラッグスの記事が、第一容疑者ジュエルの報道に容赦のない拍車をかける。

スポンサーリンク

映画【リチャード・ジュエル】の見どころ


1996年の爆破テロ事件で、多くの命を救った無実の男が、こともあろうか第一容疑者にかけられてしまうという実話が映画化されています。

FBIの揺るがない国家権力と、抑えることのできないメディア力の前にはなすすべもなく、絶体絶命の状況に息をのみます。

大きすぎる力と戦う、たった一人の勇敢な弁護士が明らかにしていく真実・・・

彼らにとり巻く驚愕の結末を、あなたも知りたくなること間違いなしです。

映画【リチャード・ジュエル】のあらすじネタバレ

映画リチャード・ジュエル あらすじネタバレ

警備員として働く一人の男が、不審な鞄を見つけたことで多くの命を救った英雄となります。

しかし、ほどなくしてFBIに爆破テロの容疑をかけられ、メディアに名前を報道されてしまいます。

FBIとメディアがそれぞれの思惑から、無実の一人の男を容赦なく窮地に追い込んで・・・

彼を信じるたった一人の弁護士が、彼を救うためその真実に迫っていきます。

映画【リチャード・ジュエル】のまとめ

今回は、映画『リチャード・ジュエル』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

これは1996年、アトランタでの爆破テロ事件の実話を描いたサスペンスドラマです。

無実の容疑をかけられたジュエルと、彼を救うために戦う勇敢な弁護士ブライアントの真実の結末を、ぜひ劇場でご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク