洋画

映画「ランボーラスト・ブラッド」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「ランボーラスト・ブラッド」 あらすじネタバレ

映画『ランボーラスト・ブラッド』は2020年6月公開の映画です。

1982年に第1作目が公開された『ランボーシリーズ』の第5作目で、ランボーの集大成となる作品がついに映画化されました!

今回は映画『ランボーラスト・ブラッド』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【ランボーラスト・ブラッド】の作品情報


映画『ランボーラスト・ブラッド』の作品情報は以下の通りです。

作品名 ランボーラスト・ブラッド
配給会社 ギャガ
公開日 2020年6月26日
上映時間 101分
音楽 ブライアン・タイラー
監督 エイドリアン・グランバーグ
脚本 マシュー・シラルニック/シルベスター・スタローン

本作はシルベスター・スタローンの代表作『ランボーシリーズ』の5作目であり、集大成となる作品です。

ベトナム戦争の悪夢にさいなまれながらも、故郷のアメリカ・アリゾナ州で平穏に暮らしていたランボーの日常が急変…!

70歳を超えてもアクションをこなし、愛する人のために戦い続けるランボーの姿に、あなたも圧倒されること間違いなしです!

映画【ランボーラスト・ブラッド】の予告動画

映画『ランボーラスト・ブラッド』の予告動画をご紹介します!

映画【ランボーラスト・ブラッド】のキャスト

映画『ランボーラスト・ブラッド』の出演者をご紹介します。

ジョン・ランボー:シルベスター・スタローン

シルベスター・スタローンが演じるのは、ジョン・ランボー。

かつて、ベトナム戦争でグリーンベレーの戦闘エリートとして活躍していた。

そのせいで精神的な後遺症に苦しんでいる。

カルメン:パス・ベガ

パス・ベガが演じるカルメンは、ジャーナリストとして活躍している女性。

人身売買組織に妹を誘拐され、殺されている。

ランボーを助け出し、手を貸す。

マリア・ベルトラン:アドリアナ・バラッザ

アドリアナ・バラッザが演じるマリア・ベルトランは、メキシコ人で、アメリカのアリゾナにある牧場の経営者。

ランボーの旧友であり、ガブリエラという孫がいる。

ガブリエラ:イベット・モンレアル

イベット・モンレアルが演じるガブリエラは、メキシコ人で、マリアの孫娘。

血は繫がっていないランボーに、娘のように可愛がられている。

ビクトル・マルティネス:オスカル・ハエナダ

オスカル・ハエナダが演じるビクトル・マルティネスは、人身売買組織の一員。

ガブリエルを薬漬けにする。

スポンサーリンク

映画【ランボーラスト・ブラッド】の見どころ

本作は、大人気アクション『ランボーシリーズ』の5作目となる作品です。

1作目は1982年に発表されており、実に30年もの長い歳月、愛され続けているシリーズです。

そして4作目からは12年ぶりとなるランボーの最新作となります!

故郷のアメリカ、アリゾナ州に戻ったランボーは平穏に暮らしているものの、やはりベトナム戦争の悪夢にさいなまれています。

シルベスター・スタローンといえば『ランボー』というイメージが強い人も多いはず。

1970年代からアクション俳優として大活躍し、現在は70歳を超える映画スター。

鍛え上げられた強靭な体でアクションをこなす姿には圧巻です!

本作はとても暴力的で悲劇的な作品となっており、ランボーが生きてきた重みをずっしりと感じることができる作品です。

予告編で「今自分の過去に向き合う時がやってきた」と語るランボーの、計り知れない『心の闇』が描かれていると解釈するべきなのかもしれません…!

本作でのランボーは大きな組織と一人で戦うために、巨大な地下に壮大な罠を仕掛けるなど、ランボー史上最高の頭脳戦も繰り広げられます!

『愛するものを失った男』ランボーの怒り狂った激しいアクションが楽しみですね!

映画【ランボーラスト・ブラッド】のあらすじネタバレ

映画「ランボーラスト・ブラッド」 あらすじネタバレ

ベトナム戦争の軍人だったランボーは、故郷であるアメリカのアリゾナ州に戻ってきました。

ランボーはかつてのベトナム戦争の悪夢にさいなまれていましたが、旧友のマリアが経営する牧場で、マリアの孫娘・ガブリエルと三人で平穏に暮らしていました。

ガブリエラは大学進学のために家を出ようとしていました。

ランボーにとって、血は繫がっていなくてもガブリエルは娘のような存在で、大切な家族です。

そんなガブリエルが、メキシコにいる実の父親に会いたいと言ってきました。

ガブリエルと母親を捨てたその男を許せないマリアは、猛反対します。

しかし、ガブリエルは友達に会いに行くと嘘をつき、父親に会いに行ったきり帰ってこなくなりました。

マリアとランボーの反対を押し切り、ガブリエルはメキシコへ向かったのでした。

 

ガブリエルは、メキシコで無事に実父に会うことができました。

しかし、その男はガブリエルを冷たくあしらうだけ。

ガブリエルは愛されてないことを痛感し、ショックを受けました。

自暴自棄になったガブリエルは友達と踊りにクラブへ行き、そこで人身売買の組織に誘拐されてしまうのです。

ガブリエルが帰ってこないことを心配したランボーは、メキシコ急行します。

 

メキシコでギゼルという男を尋問し、ランボーはガブリエルの行方を掴みます。

そして、ガブリエルが最後に目撃されたクラブで、誘拐された事実を知るのです。

ランボーはすぐ救出に向かいますが、敵に見つかり酷い暴行を受けてしまいます。

怪我をしたランボーを自宅に連れて帰ったのは、カルメンというジャーナリストの女性でした。

カルメンは、ガブリエルと同じように妹を誘拐されて殺害された過去がありました。

妹を殺した男の行方を追うジャーナリストだったのです。

ランボーはカルメンとともに、人身売買の大きな組織に立ち向かい、ガブリエルを救出するために奮闘するのですが…!

映画【ランボーラスト・ブラッド】のまとめ

今回は、映画『ランボーラスト・ブラッド』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

1982年から30年に渡り愛され続けてきた『ランボーシリーズ』の集大成は、ぜひ劇場でご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク