洋画

映画「ポルトガル、夏の終わり」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「ポルトガル、夏の終わり」のあらすじネタバレ

映画『ポルトガル、夏の終わり』は2020年8月公開の映画です。

ポルトガルの世界遺産であるシントラの街を舞台に描かれた、儚くて美しい人間ドラマがついに映画化されました!

今回は映画『ポルトガル、夏の終わり』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【ポルトガル、夏の終わり】の作品情報

映画『ポルトガル、夏の終わり』の作品情報は以下の通りです。

作品名 ポルトガル、夏の終わり
配給会社 ギャガ
公開日 2020年8月14日
上映時間 100分
音楽 ディコン・ハインクリフェ
監督 アイラ・サックス
脚本 マウリシオ・ザカリーアス/アイラ・サックス

本作は、2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されている作品です。

「人生は小説よりも奇なり」のアイラ・サックスが監督と脚本をつとめ、複雑で温かな人間ドラマを描いています。

フランスの名女優イザベル・ユーペル主演の感動の作品に、人生において幸せが何であるかを教えられること間違いなしです!

映画【ポルトガル、夏の終わり】の予告動画

映画『ポルトガル、夏の終わり』の予告動画をご紹介します!

映画【ポルトガル、夏の終わり】のキャスト

映画『ポルトガル、夏の終わり』の出演者をご紹介します。

フランキー:イザベル・ユペール

 

この投稿をInstagramで見る

 

#isabellehuppert #huppert #teamhuppert #fanclubhuppert #photos #actress #cinema #films #frenchactress #movies #portraits #2019 #picoftheday #paris #france

Isabelle Huppert Fanclub(@isabelle.huppert_fanclub)がシェアした投稿 –

イザベル・ユペールが演じるフランキーは、ヨーロッパを代表する女優。

自分の余命が残りわずかであることを知っている。

ジミー:ブレンダン・グリーソン

 

この投稿をInstagramで見る

 

#BrendanGleeson

@ _brendan_gleesonがシェアした投稿 –

ブレンダン・グリーソンが演じるジミーは、フランキーの現在の夫。

フランキーからアプローチし、結婚に至った。

ミシェル:パスカル・グレゴリー

パスカル・グレゴリーが演じるミシェルは、フランキーの元夫。

フランキーと離婚後に、自分がゲイであることに気づく。

アイリーン:マリサ・トメイ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Independent Spirit Awards ✨ Full look @petarpetrovofficial Jewelry @nadine_jewellery Stylist @stylistjenrade Makeup @tina_turnbow Hair @thenicoleblais

Marisa Tomei(@marisatomei)がシェアした投稿 –

マリサ・トメイが演じるアイリーンは、ヘアメイクアップアーティスト。

映画業界で働いており、フランキーが心を許す友人でもある。

シルヴィア:ビネット・ロビンソン

ビネット・ロビンソンが演じるシルヴィアは、ジミーの娘であり、フランキーの義理の娘。

マヤという思春期の一人娘がいるが、夫・イアンとの離婚を考えている。

スポンサーリンク

映画【ポルトガル、夏の終わり】の見どころ


本作は、2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され注目を集めている作品です。

幻想的で美しいポルトガルの世界遺産の街が舞台となり、シントラの街で起こる温かい人間ドラマが描かれています。

幻想的な森、迷ってしまうような路地、美しい西の果ての海。

そんなシントラの街に招かれ、夏の終わりを過ごす複雑な人間模様が見どころです。

個性的な登場人物が多く、それぞれの問題を抱えているのに、ひとつの物語としてつながっていく様子は人生そのものと照らし合わせることができます。

余命わずかな主人公のフランキーを演じるのは、フランス出身の名女優イザベル・ユペールです。

フランス映画賞の「セザール賞・主演女優賞」に14回ノミネートされ、演技力が素晴らしいと評価されています。

残りわずかな余命であることを知った主人公は、最愛の人たちのために『家族劇』を仕組むのですが…。

それは、儚くて美しい人生の物語だったのです。

決して思い通りにはいかない人生ですが、主人公は何を感じ、登場人物たちはどんな幸せを見つけるのでしょうか。

映画【ポルトガル、夏の終わり】のあらすじネタバレ

映画「ポルトガル、夏の終わり」のあらすじネタバレ

ポルトガルの世界遺産、シントラの美しい街。

ヨーロッパを代表する女優のフランキーは、大切な家族や友人をそこへ招きました。

夫や息子、義理の娘とその家族、元夫に、友人とその恋人…。

ちょっとした夏の終わりの旅行のように見せかけてはいるものの、フランキーにはみんなを招いた理由がありました。

フランキーは自分の余命が残りわずかであることを知っています。

そこで、最愛の人たちの人生をフランキーなりに演出しようと考えていたのです。

自分がいなくなった後も、みんなが幸せに暮らせるように…。

フランキーは『家族劇』を仕組んでいたのです。

しかし、そのことは誰も知りませんし、想像もしていません。

友人であるアイリーンには恋人がいますが、もっとふさわしい人がいるとフランキーは考えていました。

自分の息子であるポールが、アイリーンと結ばれればいいと強く思っていたのです。

アイリーンは恋人にプロポーズされ混乱し、ポールは母の敷いたレールを歩きたくないと考えます。

夫・ジミーの娘で、フランキーにとって義理の娘となるシルヴィアにも問題が…。

シルヴィアは夫と思春期の娘の三人家族です。

ですがこの夏、夫と離婚しようと考えていたのです。

思春期の娘はそんな夫婦仲の悪い状況に敏感になり、母を攻め立てます。

一方でフランキーの夫・ジミーもまた、目を赤く腫らして考え事にふけっていました。

フランキーの元夫であるミシェルも招かれていましたが、フランキーと離婚後にゲイになって…。

フランキーは、そんな最愛の人たちの人生をよりよく演出できるよう立ち回ろうとしますが、思うようにはいきません…。

人生は思っているようにはうまくいかないものです。

余命わずかのフランキーはこのポルトガルの地で、あることに気づくのことになるのですが…。

映画【ポルトガル、夏の終わり】のまとめ

今回は、映画『ポルトガル、夏の終わり』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

シントラの街で、夏の終わりに見つけた大切なものがいったい何だったのか、結末はぜひ劇場でご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク