洋画

映画「オフィシャル・シークレット」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「オフィシャル・シークレット」 あらすじネタバレ

映画『オフィシャル・シークレット』は2020年5月公開の映画です。

イラク戦争を止めようとした女性の実話を元にした作品が、監督・ギャビン・フッドによって、ついに映画化されました!

今回は映画『オフィシャル・シークレット』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【オフィシャル・シークレット】の作品情報


映画『オフィシャル・シークレット』の作品情報は以下の通りです。

作品名 オフィシャル・シークレット
配給会社 東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
公開日 2020年5月22日
上映時間 112分
音楽 ポール・ヘプカー/マーク・キリアン
監督 ギャビン・フッド
脚本 サラ・バーンスタイン/グレゴリー・バーンスタイン/ギャビン・フッド

本作は事件当初のイギリスで「キャサリン・ガン事件」として話題となった実話を元に描かれた作品です。

2003年イギリスの諜報機関GCHQで働く女性がイラク戦争を阻止すべく活躍し、政府と戦った姿を描いたポリティカルサスペンス!

主演つとめるキーラ・ナイトレイの圧倒的な熱演と、驚愕の結末に、あなたも心を打たれること間違いなしです!

映画【オフィシャル・シークレット】の予告動画

映画『オフィシャル・シークレット』の予告動画をご紹介します!

映画【オフィシャル・シークレット】のキャスト

映画『オフィシャル・シークレット』の出演者をご紹介します。

キャサリン・ガン:キーラ・ナイトレイ

キーラ・ナイトレイが演じる主人公キャサリン・ガンは、イギリスの諜報機関GCHQ(政府通信本部)の職員。

国家の違法なスパイ活動をマスコミにリークすることで、イラク戦争を阻止しようと奮闘する。

マーティン・ブライト:マット・スミス

マット・スミスが演じるマーティン・ブライトは、オブザーバー紙のジャーナリスト。

主人公キャサリンからのリークをもとに、告発文を記事にする。

ピーター・ボーモント:マシュー・グード

ピーター・ボーモンドを演じるマシュー・グードは、大人気ドラマ「ダウントン・アビー」でおなじみのイギリスの俳優。

本作では、短髪と眼鏡の出で立ちで登場する。

ベン・エマーソン:レイフ・ファインズ

レイフ・ファインズが演じるベン・エマーソンは、優秀な人権派の弁護士。

主人公キャサリンの弁護を担当し、政府を相手に戦う。

スポンサーリンク

映画【オフィシャル・シークレット】の見どころ


本作は2003年イラク戦争開戦前夜に英米政府を揺るがせた告発事件が、実話に基づいて描かれた作品です。

記事を告発したのは、メールを受け取ったイギリスの諜報機関GCHQで働くキャサリン。

政府と告発者のポリティカルサスペンスとなっています!

実在のキャサリンは1974年生まれ、台湾で育ち、日本に留学。

広島で英語を教えていた時に原発の恐ろしさを知ったことが彼女の基盤になっており、本作の告発事件へ繫がっています。

事件当時は「キャサリン・ガン事件」としてイギリスでは大きく報道されました。

そんな主人公キャサリンを演じるのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでおなじみの美しい名女優、1985年イギリス生まれのキーラ・ナイトレイです!

キャサリンがマスコミにリークしたさい勇敢に告発記事を書いた記者役には、コミカルな役のイメージが強いマット・スミス。

政府を相手にキャサリンを守る弁護士役は、幅広い役で活躍する名優のレイフ・ファインズと、豪華なキャスティングです。

すでに海外では、「説得力のある素晴らしい映画」として大好評!

当事者の立場をサスペンスタッチで描いた、心揺さぶられる人間ドラマです!

映画【オフィシャル・シークレット】のあらすじネタバレ

映画「オフィシャル・シークレット」 あらすじネタバレ

2003年1月、イギリスの諜報機関GCHQ(政府通信本部)で働くキャサリンは受け取ったメールを見て驚きます。

それはアメリカの諜報機関NSAが、イラクを攻撃するための違法な工作活動を要請する内容のメールでした。

強い憤りを感じたキャサリンは元同僚の友人を訪ね、メールの内容をマスコミにリークしたいと相談し、決意するのです。

その2週間後、問題のメールの内容が「オブザーバー」紙の表紙を飾ります。

記事を書いたのは、マーティン・ブライトという勇敢な記者です。

当然、イギリスの諜報機関GCHQでは内容を漏らした犯人探しが始まります。

同僚たちが拷問されているのを見ていられなくなったキャサリンは、自分がマスコミにリークしたと名乗り出ます。

しかし、イラク侵攻は開始し、キャサリンは起訴されることに・・・。

そんな中、人権派弁護士のベン・エマーソンが政府の取材をしていく中で、キャサリンの無実を確信していきます。

キャサリンを弁護するため奮闘しますが、相手は政府です・・・。

2004年2月25日、運命の裁判が始まります。

キャサリンは有罪か無罪か・・・驚愕の結末は・・・!?

映画【オフィシャル・シークレット】のまとめ

今回は、映画『オフィシャル・シークレット』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

イラク戦争を阻止しようとした勇敢な女性は有罪か、無罪か・・・驚愕の裁判の判決は、ぜひ劇場でご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク