邦画

映画「もみの家」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「もみの家」 あらすじネタバレ

映画『もみの家』は2020年3月公開の映画です。

『真白の恋』の監督・坂本欣弘と、北側亜矢子のオリジナル脚本で描く、不登校になった少女を包む優しく温かな物語がついに映画化されました!

今回は映画『もみの家』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【もみの家】の作品情報


映画『もみの家』の作品情報は以下の通りです。

作品名 もみの家
配給会社 ビターズ・エンド
公開日 2020年3月20日
上映時間 105分
音楽 未知瑠
監督 坂本欣弘
脚本 北側亜矢子

本作は、自分の殻に閉じこもり学校へ行けなくなった少女が主人公となり、自立支援施設『もみの家』で共同生活をするというお話です。

映画の風景は美しい自然で溢れており、四季折々の季節感を描くために、富士のふもとで1年間かけて撮影されています。

忙しない日々の中、一度立ち止まってゆっくりと物事に向き合える作品に、あなたも心が温まること間違いなしです!

映画【もみの家】の予告動画

映画『もみの家』の予告動画をご紹介します!

映画【もみの家】のキャスト

映画『もみの家』の出演者をご紹介します。

本田彩花:南沙良

南沙良が演じるのは、主人公の16歳の少女・本田彩花。

自分の殻に閉じこもり、半年学校へ行けていない。

不登校になった彩花を心配した母親に『もみの家』へ連れてこられる。

佐藤泰利:緒方直人

緒方直人が演じる佐藤泰利は、それぞれの事情があって不登校になった若者たちを受け入れる『もみの家』を主宰している。

妻・佐藤恵と共に、主人公・彩花のことを優しくむかえ入れる。

佐藤恵:田中美里

田中美里が演じる佐藤恵は、『もみの家』を主宰する夫・佐藤泰利の妻。

優しくよき理解者で、『もみの家』にいる若者みんなの母親のような存在。

梶原淳平:中村蒼

中村蒼が演じる梶原淳平は、以前『もみの家』で生活をしていた卒業生。

主人公・彩花の隠された心の内に耳を傾け、暗闇から抜け出そうとしている彩花を励ます。

スポンサーリンク

映画【もみの家】の見どころ


本作は監督・坂本欣弘が、四季折々の自然の中で『もみの家』を描きたいと、1年かけて富士のふもとで撮影が行われました。

ストーリーに原作はなく、北側亜矢子の完全オリジナル脚本です。

主人公の16歳の本田彩花を演じるのは、2014年から雑誌『nicola』のモデルをしていた16歳の南沙良です。

南沙良は『幼な子われらに生まれ』で女優デビューし、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で初主演をつとめました。

自立支援施設を主宰する佐藤夫婦は、緒方直人と田中美里が演じます。

不登校や引きこもりの少年少女たちを優しく温かく見守る役柄にぴったりの二人ですね。

美しい風景の中、人々の温かさや命の尊さに触れ、次第に成長していく少女の姿に、シンプルに感動できる作品となっています。

映画【もみの家】のあらすじネタバレ

映画「もみの家」 あらすじネタバレ

主人公の16歳の少女・本田彩花は、自分の殻に閉じこもってしまい、半年間学校に行けずにいました。

不登校になった彩花を心配した両親は、不登校になった若者を受け入れる自立支援施設『もみの家』に彩花を連れて行きます。

『もみの家』は優しく理解のある佐藤夫婦が主宰しており、佐藤泰利は彩花のことも暖かく受け入れてくれました。

それぞれの事情を持つ若者との寮生活は、毎朝同じ時間に起き、農作業をし、みんなで食卓を囲むという生活です。

もともと気が乗らないままやって来た東京育ちの彩花は、そんな共同生活に耐えられず、早くも帰りたいと弱音を吐きます。

そんな彩花に、学校へ行けるようになるまでは東京へは帰さないと母親は言います。

初めは嫌がっていた彩花ですが、人々の優しさや、自然、命の大切さに触れ合うことで次第に心を開いていきます。

彩花を支えてくれる人々の優しさや、以前は自分も『もみの家』で暮らしていたという卒業生の梶原淳平との出会いで、彩花は自分の殻を破ろうと前に進んでいきます。

なぜ彩花は不登校になってしまったのでしょうか・・・

彩花は『もみの家』で何を学び、何を感じていくのでしょうか・・・

映画【もみの家】のまとめ

今回は、映画『もみの家』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

自分の殻に閉じこもっていた主人公・彩花が『もみの家』での共同生活で得た感動の結末は、ぜひ劇場でご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク