邦画

映画「ラストレター」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「ラストレター」 あらすじネタバレ

映画『ラストレター』は2020年1月公開の映画です。

小説家・岩井俊二の原作「Last Letter(ラストレター)」が美しいラブストーリーとして映画となりました。

今回は映画『ラストレター』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【ラストレター】の作品情報


映画『ラストレター』の作品情報は以下の通りです。

作品名 ラストレター
配給会社 東宝
公開日 2020年1月17日
上映時間 121分
音楽 小林武史
監督 岩井俊二
脚本 岩井俊二

本作は原作・岩井俊二が監督・脚本も手がけ、手紙の行き違いで始まった現在と過去の男女の恋愛模様が描かれた作品です。

あなたの中に眠る青春時代の思い出がよみがえり、心あたたかくすること間違いなしです。

映画【ラストレター】の予告動画

映画『ラストレター』の予告動画をご紹介します!

映画【ラストレター】のキャスト

映画『ラストレター』の出演者をご紹介します。

松たか子:岸辺野裕里

松たか子が演じる主人公の岸辺野裕里は、死んでしまった姉・未咲の死を伝えるために同窓会に出席する。

学生時代、姉・未咲に想いを寄せる乙坂鏡史郎に片思いするが、同窓会で再会し、当時のように姉のふりをして「手紙」という方法で鏡史郎と交流する。

夫と二人の子供がいる。

広瀬すず:遠野鮎美・遠野未咲(高校時代)

広瀬すずが演じるのは、主人公の姉・遠野未咲(高校時代)と、遠野未咲の娘・遠野鮎美の一人二役だ。

遠野未咲は娘・遠野鮎美を置いて自殺してしまう。

遠野未咲に乙坂鏡史郎が宛てた手紙を通し、亡き母の想いを知っていく。

福山雅治:乙坂鏡史郎

福山雅治が演じる小説家の乙坂鏡史郎は、初恋の相手、未咲が死んだことを知らず、同窓会で未咲の妹・岸辺野裕里に再会し、手紙のやり取りをする。

ほどなくして未咲の死を知った鏡史郎は、彼女の死について探ることで、未咲の娘・遠野鮎美に出会うことになる。

神木隆之介:乙坂鏡史郎(高校時代)

神木隆之介が演じる学生時代の乙坂鏡史郎は、遠野未咲に恋心を抱き手紙を書き続ける。

その手紙は初恋の相手・遠野未咲ではなく、未咲の妹・遠野裕里に読まれている。

森七菜:岸辺野颯香・遠野裕里(高校時代)

森七菜が演じるのは、主人公・岸辺野裕里の娘・岸部野颯香と、遠野裕里(高校時代)の一人二役だ。

遠野裕里の初恋の相手は、裕里の姉・遠野未咲に想いを寄せる乙坂鏡史郎で、姉・未咲のふりをして鏡史郎と手紙のやり取りをする。

スポンサーリンク

映画【ラストレター】の見どころ


原作の主人公は乙坂鏡史郎ですが、映画では学生時代に乙坂鏡史郎に恋をした岸辺野裕里が主人公となっています。

学生時代のそれぞれの初恋が、「手紙」という手段を通し、時を超えて今に至るというロマンに心を打たれます。

初恋の相手が自分の姉に恋焦がれていること・・・。

初恋の相手の妹に想いを寄せられていること・・・。

初恋の相手が今はもうこの世に存在しないこと・・・。

それぞれの初恋がどんな結末をむかえるか、誰もが美しく切ない物語に感動すること間違いなしです。

映画【ラストレター】のあらすじネタバレ

映画「ラストレター」 あらすじネタバレ

松たか子が演じる主人公の岸部野裕里は、姉・遠野未咲が死んだことを伝えるため姉の同窓会に出席します。

同窓会で再会するのは、初恋の相手であり、姉・未咲に想いを寄せていた乙坂鏡史郎です。

鏡史郎と学生時代、姉・未咲のふりをして文通をしていた裕里は、再会した後も姉・未咲のふりをして鏡史郎に手紙を書くことで物語が進んでいきます。

そこには、遠野未咲の娘である鮎美、岸部野裕里の娘である颯香も登場します。

すれ違っていた手紙のやり取りが、何年もの時間を経て、それぞれのもとに届く、切なくてロマンチックな物語です。

映画【ラストレター】のまとめ

今回は、映画『ラストレター』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

青春時代に感じた甘酸っぱいエピソードは、誰もが経験していると思います。

豪華キャストによる岩井俊二の美しいラブストーリーをぜひ劇場でご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク