邦画

映画「仮面病棟」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「仮面病棟」 あらすじネタバレ

映画『仮面病棟』は2020年3月公開の映画です。

大人気医療ミステリーで、原作・知念実希人の病棟シリーズ『仮面病棟』が、監督・木村ひさしによってついに映画化されました!

今回は映画『仮面病棟』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【仮面病棟】の作品情報


映画『仮面病棟』の作品情報は以下の通りです。

作品名 仮面病棟
配給会社 ワーナー・ブラザース映画
公開日 2020年3月6日
上映時間 114分
音楽 やまだ豊
監督 木村ひさし
脚本 知念実希人/木村ひさし

本作は、医師でもある原作者の知念実希人による医療ミステリーで、ベストセラーとなった『仮面病棟』が実写化されています。

医療現場で起きる不可解で謎めいた事件は、ミステリー初心者にも分かりやすく、ミステリー好きにはたまらない展開をみせます。

病棟を脱出しようとする主人公の医師と、謎めいた美少女がむかえる結末に、あなたも驚愕すること間違いなしです!

映画【仮面病棟】の予告動画

映画『仮面病棟』の予告動画をご紹介します!

映画【仮面病棟】のキャスト

映画『仮面病棟』の出演者をご紹介します。

速水秀悟:坂口健太郎

坂口健太郎が演じる主人公・速水秀悟は、不慮の事故により恋人を亡くしたことを隠している医師。

先輩医師から頼まれ、一夜だけ田所病院で当直をすることになる。

川崎瞳:永野芽郁

永野芽郁が演じる川崎瞳は、田所病院に立てこもるピエロの凶悪犯に銃で撃たれる女子高生。

犯人の要望で主人公・速水秀悟に治療され、速水と一緒に謎に包まれた危険な病棟から脱出しようとする。

田所院長:高嶋政伸

高嶋政伸が演じる田所院長は、主人公・速水秀悟らが閉じ込められる病院の院長。

速水がピエロの凶悪犯を警察に通報することをかたくなに拒否する。

東野良子:江口のりこ

江口のりこが演じる東野良子は、田所病院に勤める看護師。

田所院長と一緒になって何かを隠している。

佐々木香:内田理央

内田理央が演じる佐々木香は、田所病院に勤める気の弱い看護師。

佐々木香もまた、田所院長らと何かをひた隠しにしている。

スポンサーリンク

映画【仮面病棟】の見どころ


本作の医療ミステリーの原作者である知念実希人は医師でもあります。

舞台となる田所病院に現れた凶悪犯が、ピエロの仮面をつけているという設定は、映像を観てもぞっとさせられます。

田所病院に運ばれてくる患者は、怪我の状態によってはしゃべれなかったり、意識不明の状態なため、身元不明という患者もいます。

そんな病院に先輩医師から頼まれ、一日だけ夜間の当直をすることになった主人公の医師は、謎めいた事件に巻き込まれていきます。

銃を持った凶悪犯が立てこもっているにもかかわらず、警察への通報をかたくなに拒否する院長や看護師たち・・・

医療現場で起きる、不可解で謎めいた数々のできごとにハラハラさせられっぱなしです。

凶悪犯が病院に立てこもった目的はいったい何なのか・・・

なぜ院長らは通報をかたくなに拒否するのか・・・

看護師らはいったい何をひた隠しにしているのか・・・

医療現場で起きる本作の想像を絶するミステリーは、ミステリー好きにも、ミステリー初心者にとっても楽しめるストーリーとなっています!

映画【仮面病棟】のあらすじネタバレ

映画「仮面病棟」 あらすじネタバレ

医師である主人公・速水秀悟は、先輩医師から田所病院で一夜だけ当直を頼まれます。

その夜ピエロの仮面をつけた凶悪犯が病院に立てこもり、速水や看護師らは病院に閉じ込められてしまいます。

凶悪犯に銃で撃たれた女子大生の川崎瞳は、犯人の要求で速水が打たれた傷を治療します。

凶悪犯が立てこもっている事実を警察に通報しようとする速水ですが、病院の院長である田所はかたくなにそれを拒否します。

田所院長は何かを隠していると速水が察する中、看護師である東野良子や、気の弱い佐々木香も院長と一緒になって何かをひた隠しにしています。

警察に通報できない状況の中、速水と、銃で撃たれて治療された川崎瞳は、謎に満ちた病院から脱出しようと試みますが・・・

なぜ田所院長は警察に通報しようとしないのか・・・

看護師らはいったい何をひた隠しにしようとしているのか・・・

ピエロの仮面をつけた凶悪犯は、なぜ病院に立てこもっているのか・・・

謎に満ちた病棟から、主人公・速水秀悟と川崎瞳は脱出することができるのか・・・

映画【仮面病棟】のまとめ

今回は、映画『仮面病棟』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

謎に覆われた田所病院で、次々と起きる予想もつかない驚愕の結末は、ぜひ劇場でご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク