邦画

映画「一度死んでみた」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「一度死んでみた」 あらすじネタバレ

映画『一度死んでみた』は2020年3月公開の映画です。

主演に広瀬すず、堤真一、吉澤亮の豪華な共演で、澤本嘉光のオリジナル脚本となる作品がついに映画化されました!

今回は映画『一度死んでみた』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【一度死んでみた】の作品情報


映画『一度死んでみた』の作品情報は以下の通りです。

作品名 一度死んでみた
配給会社 松竹
公開日 2020年3月20日
上映時間 93分
音楽 ヒャダイン
監督 浜崎慎治
脚本 澤本嘉光

本作は主演の広瀬すずが、デスメタルバンドのボーカルをする女子大生として、コメディに初挑戦する作品です。

脚本は国民的なCMプランナーである澤本嘉光、監督にauの「三太郎」シリーズでおなじみの浜崎慎治というCM界の二人がタッグを組みました。

『一度死んで2日後に生き返る』というブラックユーモアな設定と、父と娘の失われていた絆が描かれる感動のラストに、あなたも楽しめる作品になること間違いなしです!

映画【一度死んでみた】の予告動画

映画『一度死んでみた』の予告動画をご紹介します!

映画【一度死んでみた】のキャスト

映画『一度死んでみた』の出演者をご紹介します。

野畑七瀬:広瀬すず

広瀬すずが演じる野畑七瀬は、デスメタルバンドのボーカルをしている女子大生。

母親は他界しており、父親・野畑計と二人暮らし。

父親を死ぬほど嫌っており、『一度死んでくれ!』と、ライブで熱狂するほど。

野畑計:堤真一

堤真一が演じる野畑計は、野畑七瀬の父親で、娘と二人で暮らしている。

野畑製薬会社の社長で『一度死んで2日後に生き返る薬』を開発した。

ある日その薬を飲んで、仮死状態になってしまう。

松岡卓:吉沢亮

吉澤亮が演じる松岡卓は、野畑製薬会社で社長・野畑計の秘書をしている。

存在感が薄く「ゴースト」と呼ばれている。

スパイの陰謀で危うくなる野畑計を救うべく、野畑七瀬と奮闘する。

渡部:小澤征悦

小澤征悦が演じる渡部は、野畑製薬会社のスパイを見つけるために、社長である野畑計に『一度死んでみてはどうでしょう?』と提案する男。

スポンサーリンク

映画【一度死んでみた】の見どころ


本作で主役を演じる広瀬すずは、デスメタルバンドのボーカルということで、髪をピンクに染め、メタルポーズの中指を立て、暴言を吐くという今までになかった役どころを演じています。

実力派俳優の堤真一をはじめ、今をときめく俳優の吉澤亮ら、豪華な俳優陣たちがのきなみ揃ったキャストとなっています。

ストーリーは、『一度死んで2日後に生き返る』という新感覚のブラックユーモアで、重いテーマのようですがコミカルに演出されています。

父親を死ぬほど嫌う荒れた女子大生が、死んだ父親を救うべく奮闘するドタバタコメディです。

『一度死んで2日後に生き返る』という薬を狙ったスパイと、会社を乗っ取ろうとする陰謀がストーリーの展開をぐっと盛り上げてくれます。

死ぬほど父親を嫌う娘は、仮死状態という非常事態に陥った父親を救うことができるのか・・・。

ドタバタコメディですが、父と娘の愛情に溢れたヒューマンドラマでもあり、観る人の心を熱くすること間違いなしです!

映画【一度死んでみた】のあらすじネタバレ

映画「一度死んでみた」 あらすじネタバレ

デスメタルバンドのボーカルをする女子大生・野畑七瀬の母親は他界しており、父親・野畑計と二人で暮らしています。

野畑計は野畑製薬会社の社長で、仕事人間ですが、七瀬に口うるさく言う日々を送っていました。

そんな父・計のことが大嫌いで、『死んでくれ!』とライブで熱狂するほどの七瀬は、ある時父・計に『一度死んでくれ』と暴言を吐きます。

すると父・計は本当に死んでしまったのです・・・。

しかし、父・計は本当は死んでおらず、自社で開発した『一度死んで2日後に生き返る薬』を飲んだことで仮死状態になっていたのでした。

野畑製薬会社に潜むスパイを捜し出すためにその薬を飲んだのですが・・・。

社長の秘書で一部始終を知る松岡卓は、そのことを七瀬に伝え、仮死状態の計が火葬されることを阻止しようと奮闘します。

そんな二人の前に、幽霊となった計が現れます。

野畑製薬会社のスパイはいったい誰なのか・・・。

七瀬と松岡は陰謀に打ち勝ち、仮死状態の計を救うことができるのか・・・。

映画【一度死んでみた】のまとめ

今回は、映画『一度死んでみた』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

本作がコメディに初挑戦となる広瀬すずが主演のドタバタコメディの感動の結末は、ぜひ劇場でご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク