洋画

映画「ハニーボーイ」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「ハニーボーイ」のあらすじネタバレ

映画『ハニーボーイ』は2020年8月公開の映画です。

シャイア・ラブーフが自身の経験をもとに、初の脚本を手掛けた作品がついに映画化されました!

今回は映画『ハニーボーイ』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【ハニーボーイ】の作品情報

映画『ハニーボーイ』の作品情報は以下の通りです。

作品名 ハニーボーイ
配給会社 ギャガ
公開日 2020年8月7日
上映時間 95分
音楽 アレックス・ソマーズ
監督 アルマ・ハレル
脚本 シャイア・ラブーフ

本作は、俳優シャイア・ラブーフが脚本を手掛けた、親子関係を描く感動のヒューマンドラマです。

12歳の主人公を演じるのは、今大注目の子役ノア・ジュプ!

ラブーフ自身が遠ざけてきた父親を演じる姿に、あなたも『家族とは何か』という大切なメッセージに気づかされること間違いなしです!

映画【ハニーボーイ】の予告動画

映画『ハニーボーイ』の予告動画をご紹介します!

映画【ハニーボーイ】のキャスト

映画『ハニーボーイ』の出演者をご紹介します。

オーティス:ノア・ジュプ

ノア・ジュプが演じるオーティスは、ハリウッドで人気子役として活躍する12歳の少年であり、スター。

前科持ちでどうしようもない父親とモーテルで暮らしている。

オーティス:ルーカス・ヘッジズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lucas for @VanityFair! #LucasHedges #VanityFair

Lucas Hedges px(@lucashedgespx)がシェアした投稿 –

ルーカス・ヘッジズが演じるオーティスは、子役からキャリアを積んできた22歳の俳優。

飲酒運転で事故を起こし逮捕される。

セラピストにPTSDという『精神的な闇』を抱えていると診断される。

ジェームズ:シャイア・ラブーフ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Smart shia #shialabeouf #shialabeouffans #fit #smart #suitup #follow #like #comment #happy #love #amazing

Shia Labeouf(@shialabeouffans)がシェアした投稿 –

シャイア・ラブーフが演じるジェームズは、子役からスターになったオーティスの父親。

薬物に手を出し、アルコール依存症で前科持ち。

オーティスへの虐待を繰り返す。

シャイ・ガール:FKAツイッグス

FKAツイッグスが演じるシャイ・ガールは、オーティスと同じモーテルで暮らす少女。

オーティスより年上で、優しく寄り添ってくれる存在。

スポンサーリンク

映画【ハニーボーイ】の見どころ


本作は、2019年のサンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞した作品です。

どんな親だとしても『子供は親を愛し続ける』という姿が描かれています。

脚本は、映画『トランスフォーマー』のシャイア・ラブーフ。

自らの経験をもとに初めて脚本を手掛けたという、自身の伝記映画でもあります。

12歳の主役を演じるのは、今大注目を集めている子役ノア・ジュプ!

とてつもなくキュートでイケメン子役に、世界中が注目しています。

ノア・ジュプの圧倒的なプロ意識と演技力に、ラブーフも大絶賛!

脚本を手掛けたラブーフも本作では、ダメな父親役として出演しています。

父親を演じることで、もう一度しっかりと過去に向き合ったという…。

ラブーフ自身が、遠ざけてきた父親を演じることで、父親の心情に深く入り込んだのだそうです。

親子関係にしかあり得ない心の闇と、愛の深さを感じられる作品となっています。

映画【ハニーボーイ】のあらすじネタバレ

映画「ハニーボーイ」のあらすじネタバレ

2005年

子役としてハリウッドで活躍していたオーティスは、22歳の俳優になっていました。

しかし、飲酒運転を繰り返し、事故を起こした結果逮捕されることに。

ついに更生施設へと送られることになりました。

そこでオーティスはモレノ医師に出会います。

検査の結果、PTSDを抱えていると診断され、オーティスは驚きます。

過去のトラウマから引き起こされる精神疾患であることから、モレノ医師はオーティスに質問を繰り返します。

『怒りの原因はなに?』

自覚のなかったオーティスですが、過去の記憶を手繰り始めることになりました…。

1995年

今から10年前のオーティスは12歳で、子役として活躍していました。

マネージャーは父親のジェームズです。

ジェームズは前科持ちで、断酒したものの気性が荒く、父親らしい父親ではありません。

二人は粗悪なモーテルに住み、オーティスの稼ぎで暮らしていました。

ある日、オーティスを気にかけてくれるトムを、ジェームズはいきなりプールサイドに突き落とします。

『息子に近づくな』と脅していたのです。

トムは、少年・少女の精神的なケアを行う組織に所属している大人です。

オーティスは驚きと同時に、大きなショックを受けるのです。

2005年

オーティスはプールサイドに立ち、当時の記憶を手繰り寄せていました。

モレノ医師との精神ケアのためのセッションの一環です。

ですが、オーティスは苛立ちます。

『こんなことに、何の意味があるのか…』

しかし、22歳のオーティスは今、12歳の自分に会いに行く必要があるのです。

大人のふりをしていた12歳のオーティス。

父親との深い溝と、愛されたかった思い…。

父親との記憶に閉じ込められているオーティスの心は、いったいどうなるのでしょうか…。

映画【ハニーボーイ】のまとめ

今回は、映画『ハニーボーイ』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

父親との過去にトラウマを抱える主人公の感動の成長物語は、ぜひ劇場でご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク