洋画

映画「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」 あらすじネタバレ

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』は2020年1月公開の映画です。

監督・テリー・ギリアムが構想から30年、幾度となく大きな挫折を味わった作品が、ようやく映画化されました!

今回は映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【テリー・ギリアムのドン・キホーテ】の作品情報


映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』の作品情報は以下の通りです。

作品名 テリー・ギリアムのドン・キホーテ
配給会社 ショウゲート
公開日 2020年1月24日
上映時間 133分
音楽 ロケ・バニョス
監督 テリー・ギリアム
脚本 テリー・ギリアム/トニー・グリゾーニ

本作は鬼才とも呼ばれる監督・テリー・ギリアムが、「自分が死ぬまでにこの映画は完成できないかもしれない」と言ってしまうほど、開発地獄を味わった作品です。

構想からおよそ30年の時間をかけ、撮影中止の不幸を何度も乗り越えた、監督・テリー・ギリアムの集大成とも言われる作品です。

舞台はスペインの片田舎、夢とも現実とも区別がつかない喜劇のストーリーとカルトチックな映像に、度肝を抜かれること間違いなしです!

映画【テリー・ギリアムのドン・キホーテ】の予告動画

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』の予告動画をご紹介します!

映画【テリー・ギリアムのドン・キホーテ】のキャスト

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』の出演者をご紹介します。

トビー:アダム・ドライバー

アダム・ドライバーが演じる主人公のトビーは、CM監督という仕事にやりがいを感じられずにいる。

仕事中に偶然にも自分が学生時代に撮影し、賞にも輝いた映画のDVDを手にすることになる。

アダム・ドライバーの主な出演作品は、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」や、「沈黙-サイレンス」などがある。

ハビエル(ドン・キホーテ):ジョナサン・プライス

ジョナサン・プライスが演じるハビエルは、スペインの田舎町の靴職人だ。

しかし、自分のことを「ドン・キホーテ」の騎士だと思い込み、主人公のトビーを忠実なお供のサンチョだと思い込んでいる。

ジョナサン・プライスの主な出演作品は、「ブラザーズ・グリム」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」などがある。

ボス:ステラン・スカルスガルド

ボスを演じるステラン・スカルスガルドは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「マンマ・ミーア!」など多くの大作に出演する俳優。

最近では「チェルノブイリ」で助演男優賞を受賞した。

ジャッキ:オルガ・キュリレンコ

ジャッキを演じるオルガ・キュリレンコは、ウクライナ出身でファッションモデルとしてトップの地位を築く。

2005年に「薬指の標本」で映画デビューを果たし、数々の作品に出演する。

現在は6か国語を話すことができる。

映画【テリー・ギリアムのドン・キホーテ】の見どころ


本作では、『現実の世界』と『空想の世界』があたかも当然のようにリンクしていることで、不思議で奇抜なストーリーが展開していきます。

『現実の世界』で生きる主人公・トビーは、自分を「ドン・キホーテ」の騎士と思い込んだ『空想の世界』で生きる靴職人の老人・ハビエルと嫌々ながらも旅に出ます。

ハビエルを憐れんでいた主人公・トビーを取り巻く環境も、しだいに『空想の世界』に侵されていきます。

映画の予告動画でもハッキリと言われているように、観る人の価値観によって賛否両論は間違いない作品です。

鬼才の監督・テリー・ギリアムにしか作り出すことのできない、思想の自由であり、表現の自由を、誰もが感じることのできる映画です。

スポンサーリンク

映画【テリー・ギリアムのドン・キホーテ】のあらすじネタバレ

映画「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」 あらすじネタバレ

スペインの田舎で仕事にやりがいを感じられずにいるCM監督の主人公・トビーは、偶然にも学生時代に賞をとった映画のDVDを手に入れます。

トビーはその映画の舞台となった村が近いことを知り、行ってみることに。

足を踏み入れたその村は、トビーの映画のせいでめちゃくちゃになっていました。

靴職人であるはずの老人ハビエルは、自分のことをすっかり「ドン・キホーテ」の騎士であると思い込み、主人公のトビーをお供のサンチョだと思い込んでいます。

ハビエルは嫌がるトビーを連れ、大冒険へと繰り出すのですが・・・

映画【テリー・ギリアムのドン・キホーテ】のまとめ

今回は、映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

構想からおよそ30年、誰もが諦めると思っていた監督・テリー・ギリアムの集大成は、ぜひ劇場でご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク