洋画

映画「バッドボーイズ2バッド」のあらすじネタバレ!結末ラストも紹介!

映画「バッドボーイズ2バッド」 あらすじネタバレ

映画『バッドボーイズ2バッド』は2003年に公開された映画です。

95年から8年振りとなる、世界的に大人気『バッドボーイズ』シリーズの2作目となる作品です!

今回は映画『バッドボーイズ2バッド』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【バッドボーイズ2バッド】の作品情報

映画『バッドボーイズ2バッド』の作品情報は以下の通りです。

作品名 バッドボーイズ2バッド
配給会社 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
公開日 2003年11月29日
上映時間 146分
音楽 トレバー・ラビン
監督 マイケル・ベイ
脚本 ロン・シェルトン/ジェリー・スタール

本作は『アルマゲドン』の監督マイケル・ベイによる、デビュー作から8年振りとなる『バッドボーイズ』の続編映画です。

主演のコンビは、マーティン・ローレンスとウィル・スミスが続役!

連邦麻薬捜査局員であるマーカスの妹シドがマイクの恋人として登場し、アクションとラブストーリーが融合された作品です!

映画【バッドボーイズ2バッド】の主なキャスト

映画『バッドボーイズ2バッド』の主な出演者をご紹介します。

役名 キャスト
マーカス・バーネット マーティン・ローレンス
マイク・ラーリー ウィル・スミス
シド ガブリエル・ユニオン
ハワード警部 ジョー・パントリアーノ
ジョニー・タピア ジョルディ・モリャ
アレクセイ ピーター・ストーメア
テレサ・バーネット テレサ・ランドル

 

スポンサーリンク

映画【バッドボーイズ2バッド】のあらすじ

映画『バッドボーイズ2バッド』のあらすじをご紹介します。

エクスタシーという麻薬を売買しているジョニー・タピアは、棺桶の中にそれらをつめて船で運んでいました。

麻薬捜査部隊マーカスとマイクは、麻薬が取引される現場で潜入捜査をしています。

連邦麻薬取締局で働くマーカスの妹シドは、家族に内緒でおとり捜査を行っていました。

エクスタシーの売人であるジョニーへと接近するマーカスとマイク、シドですが、そこにはロシアのマフィアやギャング集団など危険ばかり。

捜査をしていたシドはついにジョニーに正体がバレてしまい、キューバまで連れ去られてしまうのですが…!

映画【バッドボーイズ2バッド】のネタバレ

映画『バッドボーイズ2バッド』のネタバレはこちら!

フロリダ州マイアミにいるジョニーは、エクスタシーという麻薬の売買を行っていました。

アムステルダムの製造工場で大量につくったそれらを棺桶につめ、船に乗せて輸送しています。

棺桶はメキシコ湾で海に投げ落とされ、ボートに乗ったジョニーの仲間が回収しました。

 

マイアミ警察は麻薬の大きい取引があるとの情報を得ていまいた。

麻薬捜査部隊マーカスとマイクは、麻薬が取引される現場で潜入捜査をしています。

KKK集会(白人至上主義の秘密結社)が麻薬を取引する現場を確認したところで、二人は変装を解き正体を現しました。

マーカスとマイクは銃を構えて応援を呼ぼうとしますが、無線が繫がりません。

二人は慌てますがKKKのメンバーと銃撃戦になり、敵にマーカスが捕まってしまいました。

銃の音を聞きつけた本部も、急いで現場に駆けつけます。

マイクはマーカスが狙われているのに気付き、敵を攻撃します。

命は助かったものの、マーカスはお尻を撃たれてしまいました。

犯人を捕まえて現場を確認すると、発見できた麻薬はたった2袋でした。

二人が狙っていた麻薬グループではなかったのです。

 

マーカスはお尻を撃たれたせいで神経が負傷し、男性機能が低下してしまいます。

落ち込むマーカスに、マイクはドーナツ型のクッションを持って自宅に訪ねました。

腹を立てたマーカスは、怒りが爆発しないように、セラピストから教わった呼吸法を試します。

マイクはマーカスの妹のシドと、ニューヨークで再開してから付き合っていました。

しかし、マーカスにそれを話すことができていません。

 

シドは連邦麻薬取締局(DEA)の捜査官です。

家族には心配をかけないように、任務についていることを内緒にしていました。

ロシアのマフィアであるアレクセイに近づき、取引を行っていました。

その様子は、カメラを通して警察が監視しています。

シドは無事に取引を終え、指定された場所で待機していました。

そこへ突然ギャング集団が現れて襲撃されたので、車で逃げ出しました。

銃声を聞きつけたマイクとマーカスがシドが追われていることに気づきます。

シドを助けるために、ギャング達と激しいカーチェイスとなりました。

 

無事にシドを助け出したマーカスは、妹のことを叱りつけます。

シドは情報を漏らすわけにはいかず、マイアミ市警で働く兄には言えなかったのです。

二人は激しい口論になりました。

マイクもシドがおとり捜査をしているのは知らなかったため、心配しました。

 

マーカスとマイクは、ハワード警部から街をめちゃくちゃにした件を叱られます。

二人はエクスタシーの売人が取引する情報を得て、現場に行ったことを報告します。

そして、連邦麻薬取締局(DEA)が街をめちゃくちゃにしたことを話しました。

ハワード警部は怒りを抑えるために、呼吸法を実践します。

そして何としても犯人を捕まえるよう、二人に言い渡しました。

 

スポンサーリンク

マーカスとマイクは、情報屋で知られるアイスピックを脅して、ギャング達の居場所を吐かせました。

ギャング達からエクスタシーの売人“MR.X”について聞き出そうとしますが、知っている男はマイクがすでに殺してしまっていたのです。

しかし、死んだその男のビデオカメラを調べると、ギャング達がパーム葬儀社を見張っているところが撮られていました。

 

二人は警察署に戻ると、パーム葬儀社について調べ上げます。

パーム葬儀社はフアン・タピア(通称ジョニー)という男の母親名義の外国の会社でした。

この男は逮捕されるたびに不法逮捕を訴えており、何度も釈放されている犯罪者でした。

 

マーカスとマイクはジョニーの家に潜入捜査することにします。

害虫駆除業者を装い、家に侵入しました。

そして、シュレッターにかけられた紙を持ち出し、監視カメラをつけました。

ジョニーの家では、アレクセイと取引が行われていました。

アレクセイに腹を立てたジョニーが、アレクセイの腹心であるジョセフをバラバラにして殺してしまいます。

マイクは指を発見しますが手下に見つかったため、二人は急いで家から逃走しました。

 

二人は持ち帰った『指のしもん』を調べます。

すると、ロシアのマフィアの副官が殺されていたことがわかりました。

次にシュレッターされた紙を調べると、“デキシー7”という船が写っていることがわかります。

船の所有者はフロイド・ポティート。

KKK集会でマイクが耳を吹き飛ばした男です。

その時、ジョニー家に仕掛けた盗聴器からシドの声が聞こえてきました。

マーカスとマイクは、他の警官を引き連れてシドのもとへむかいました。

 

シドはジョニーに近づくために、マイアミのビーチで取引をしていました。

盗聴器を疑っているジョニーに、シドは海に入ろうと誘われます。

その後マーカスたちは、ジョニーがいかに危険な人物であるかをシドに伝えます。

おとり捜査をしているシドのことが心配だったからです。

ですが、シドは今さら捜査からおりるわけにはいきません。

確実な証拠をつかんで、今度こそジョニーを逮捕する必要があったのです。

マイクは自分たちと一緒に捜査する方が安全と考え、反対するマーカスを押し切ってシドを誘います。

 

フロイドを脅して情報を得た三人は、ジョニーがエクスタシーを取引するであろう現場を見張りました。

ジョニーらが現れるのを待つ間に、マイクはシドと付き合っていることをマーカスに告白します。

マーカスは激怒し二人が口論になっている時、棺桶を積んだ船が到着しました。

棺桶は船からおろされ、葬儀社へと運ばれようとしていました。

マイクらはジョニーの手下が運転する、葬儀社の車を追跡。

ジョニーの手下に正体がばれたことで、激しいカーチェイスとなります。

ビルから撃ってくるジョニーの仲間を捕まえようとしたところ、逃げられてしまいます。

その間に葬儀社の車にも逃げられ、棺桶も消えてしまいました。

マイクは何とか葬儀社の運転手を見つけますが、もみ合いの末に男は電車に跳ねられて死んでしまいました。

 

警察署に戻ったマーカスとマイクは、ひどく叱られてしまいます。

証言者が死んでしまっては、どうしようもありません。

マーカスはマイクに秘密にしていたことを話します。

マーカスはすでに転属願いを出しており、ジョニーを逮捕したらマイクとの相棒解消です。

スポンサーリンク

映画【バッドボーイズ2バッド】の結末ラストは?

葬儀社に侵入したマーカスとマイクは、棺桶を見つけて調べました。

そして、遺体の中にエクスタシーを発見。

マイクは平気ですが、マーカスは耐えられずに吐いてしまいます。

そして、エクスタシーが入っているとも知らずに水をがぶ飲みしてしまったのです。

 

おかしな言動を繰り返すマーカスの様子から、エクスタシーを飲んでしまったことにマイクは気づきます。

しかし、すでにハワード警部の家のチャイムを押した後でした。

マイクは葬儀社で撮った証拠の写真をハワード警部に見せました。

マーカスが花瓶の水をがぶ飲みしたので、ハワード警部も異常に気づきます。

解毒医に連絡を取って、マーカスの体を冷やすことに。

すると、マーカスの男性機能が正常に戻りました。

 

二人が証拠を見つけたので、ジョニーの逮捕状が下りました。

しかし、ジョニーの家には任務遂行中のシドがいました。

そこへアレクセイが腹心の復讐をするためにやって来て、警察に射殺されます。

警官だとバレてしまったシドは、ジョニーに連れ去られてしまいました。

 

ジョニーはシドを連れてキューバまで逃げました。

アメリカの警官は手を出すことができません。

ですが、マーカスとマイクはシドを助けに行こうとします。

元デルタ隊員やCIAなどが参加してくれ、キューバに家族がいる隊員は潜入捜査の準備をすすめてくれました。

マーカスとマイクはヘリコプターに乗り込み、シドを救出にむかいます。

 

ジョニーの屋敷には軍隊が配備されていました。

マーカス達は作戦を立て、ジョニーの屋敷へ侵入します。

まず、ジョニーの母親と娘を捕まえると、手下達を倒していきました。

そして銃撃戦の中、シドを無事に救出することができました。

しかし次々と追ってくる軍隊が手に負えなくなり、屋敷を爆破して車に乗り込んで逃げます。

その後ろをジョニーと手下が追って来ます。

マーカス達はアメリカ人基地まで逃げ込みました。

そして、地雷原になっているところでジョニーはマイクに銃を突きつけます。

その状況の中、シドが地雷にむかって銃を投げ爆発させます。

その隙を見計らって、マーカスがジョニーの頭を撃ち抜きました。

マイクは勝利に喜んでシドにキスしますが、マーカスは地雷のせいでその場から動けませんでした。

 

任務が成功し、マーカスはマイクとの相棒解消を取りやめました。

購入したプールでくつろぎますが、壊れてしまいます。

そしてマーカスとマイクは海に投げ出されるのでした。

映画【バッドボーイズ2バッド】のまとめ

今回は、映画『バッドボーイズ2バッド』のあらすじやネタバレ、結末ラストなどについてまとめました。

大人気『バッドボーイズ』シリーズの2作目となる本作の、激しいアクションとラブストーリーにあなたもハマること間違いなしです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク