邦画

映画「在りし日の歌」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「在りし日の歌」 あらすじネタバレ

映画『在りし日の歌』は2020年4月公開の映画です。

監督・ワン・シャオシュアイが中国の激動の歴史を背景に、一人息子を亡くした夫婦の、力強く生きる姿を描いた作品がついに映画化されました。

今回は映画『在りし日の歌』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【在りし日の歌】の作品情報


映画『在りし日の歌』の作品情報は以下の通りです。

作品名 在りし日の歌
配給会社 ビターズ・エンド
公開日 2020年4月3日
上映時間 185分
音楽 ドン・インダー
監督 ワン・シャオシュアイ
脚本 ワン・シャオシュアイ/アー・メイ

本作は世界が注目する監督・ワン・シャオシュアイが美しい映像と音楽で描く、中国の激動の歴史を背景にした、とある夫婦の物語です。

時代に翻弄されながらも、夫婦は二人の在るべき姿を探し続けます。

「一人っ子政策」により深く傷を負った主人公が、一人息子を亡くした30年間を力強く生きる姿に、あなたも心が熱くなること間違いなしです!

映画【在りし日の歌】の予告動画

映画『在りし日の歌』の予告動画をご紹介します!

映画【在りし日の歌】のキャスト

映画『在りし日の歌』の出演者をご紹介します。

リウ・ヤオジュン:ワン・ジンチュン

ワン・ジンチュンが演じる主人公リウ・ヤオジュンは、国営工場で働いている。

妻のリーユンと、息子のシンと家族で三人暮らしている。

ある日一人息子のシンが事故に合い亡くなる。

ワン・リーユン:ヨン・メイ

ヨン・メイが演じるワン・リーユンは、主人公ヤオジュンの妻。

「一人っ子政策」により二人目の子供を堕胎させられ、深い傷を負っている。

ある日一人息子のシンが事故で亡くなる。

リウ・シン:ワン・ユエン

ワン・ユエンが演じるリウ・シンは、一人息子を失ったヤオジュン夫妻の養子になる。

打ち解けられず、ぎくしゃくした関係が続いている。

シェン・ハオ:ドゥー・ジャン

ドゥー・ジャンが演じるシェン・ハオは、ヤオジェン夫妻の一人息子のシンと同じ歳。

ある日事故で亡くなったシンに、罪悪感を持ったまま大人になる。

スポンサーリンク

映画【在りし日の歌】の見どころ


本作はワン・ジンチュンとヨン・メイの主役二人が、ベルリン国際映画祭で最優秀男優賞・女優賞のダブル受賞を果たしました。

「一人っ子政策」や「経済の急成長」など、30年にも及ぶ中国が歩んだ歴史の中、一人息子を失った夫婦の姿が描かれています。

監督・ワン・シャオシュアイの作品は「21世紀に残したい映画100本」にも唯一の中国映画として選ばれており、世界が注目する監督です。

「美しい映像と音楽、緻密な脚本、さらに役者がおりなす見事なアンサンブル」と、イギリスの映画雑誌のエンパイアでも紹介されました。

ストーリーでフォーカスされる「一人っ子政策」では、強制的に二人目の子供を堕胎させられる主人公の悲しみがひしひしと伝わってきます。

一人息子を失った夫婦が、乗り越えられない苦しみを抱えながらも力強く生きていく30年間の姿に、どうしようもなく胸が熱くなる作品です。

映画【在りし日の歌】のあらすじネタバレ

映画「在りし日の歌」 あらすじネタバレ

中国の地方都市の国営工場で働くヤオジェン夫婦は、一人息子のシンと三人で幸せに暮らしていました。

ヤオジェンの同僚のインミン夫妻にはシンと同じ歳のハオという男の子がいて、家族ぐるみで仲良くしていました。

そんなある時、ヤオジェン夫妻の妻・リーユンが二人目の子供を妊娠しますが「一人っ子政策」によって強制的に堕胎させられてしまいます。

ユーリンは心も体も深い傷を負いました。

そんなヤオジェン夫妻にさらなる悲劇が起こり、一人息子のシンが水難事故に合って亡くなってしまいます。

ヤオジェン夫妻は悲しみを乗り越えられず、慣れ親しんだ家も街も離れ、遠く誰も自分たちを知らない場所へ移り住みます。

やがて「シン」という名前の養子をむかえますが、ぎくしゃくした関係が続きます・・・

一人息子を亡くしてから時は流れ、ヤオジェン夫妻が辿り着く場所とは・・・

映画【在りし日の歌】のまとめ

今回は、映画『在りし日の歌』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

時代に翻弄されながらも力強く生きた、とある夫婦の姿と強い絆を描いた物語は、ぜひ劇場でご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク