韓国映画

映画「暗数殺人」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「暗数殺人」 あらすじネタバレ

映画『暗数殺人』は2020年4月公開の映画です。

韓国で実際に起きた連続殺人事件を元に、殺人犯の目的と真相に迫るサスペンスミステリーが、ついに映画化されました!

今回は映画『暗数殺人』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【暗数殺人】の作品情報


映画『暗数殺人』の作品情報は以下の通りです。

作品名 暗数殺人
配給会社 クロックワークス
公開日 2020年4月3日
上映時間 110分
音楽 ここに説明文を入力してください。
監督 キム・テギュン
脚本 クァク・キョンテク/キム・テギュン

本作は韓国で起きた連続殺人事件の実話を元に、【暗数】という統計上の数字と、実社会で起きている事件数の誤差を追求した作品です。

犯人は7人殺したと供述するも、捜査をする刑事をあの手この手で翻弄するため、真実へと辿り着くことに難航します。

犯人を追う揺るがない信念を持つ刑事が突き止める真実と真相に、あなたも驚愕すること間違いなしです!

映画【暗数殺人】の予告動画

映画『暗数殺人』の予告動画をご紹介します!

映画【暗数殺人】のキャスト

映画『暗数殺人』の出演者をご紹介します。

キム・ヒョンミン:キム・ユンソク

キム・ユンソクが演じるキム・ヒョンミンは優秀な刑事。

恋人を殺害した容疑で逮捕されたカン・テオから「俺が殺したのは全部で7人だ」という証言を告白される。

周囲が誰も耳を貸さない中、自分の直感を信じ捜査する。

カン・テオ:チュ・ジフン

チュ・ジフンが演じるカン・テオは、恋人を殺害した容疑で逮捕される。

「俺が殺したのは7人だ」と突然告白するが、証拠がないため誰も信じようとしない。

捜査するヒョンミン刑事を翻弄し、証言をくつがえす。

チョ刑事:チン・ソンギュ

チン・ソンギュが演じるチョ刑事は、カン・テオを捜査するヒョンミン刑事を手助けし、捜査困難な殺人事件の真相を暴くために奮闘する。

スポンサーリンク

映画【暗数殺人】の見どころ


本作はキム・ユンソクが演じるヒョンミン刑事と、チュ・ジフン演じるカン・テオによる脅威の心理戦で、韓国の二大スターの共演です。

どんなに翻弄されても信念を貫く刑事と、奇妙な発言と供述によって出し抜こうとする男の一騎打ちで、謎に満ちた事件の真相へ迫っていきます。

韓国で起きた連続殺人事件の実話を元に描かれている本作は、当時の事件被害者家族から上映中止の訴訟を起こされた経緯があります。

しかし一人の被害者家族が、安心して暮らせる社会になって欲しいという願いから、「この映画は世に出るべき」と発言したことで上映することが叶いました。

本作のタイトル【暗数】とは以下の通りです。

『実際の数量と統計上あつかわれる数量の差。主に犯罪統計において、警察などの公的機関が認知している犯罪の件数と実社会で起きている件数との差』を指しています。

家族や周囲からの捜索届けが出されなかった人は行方不明のまま、事件に巻き込まれていたとしても闇に隠されれている事件があるという事実があります。

連続殺人を告白した男カン・テオは、本当は何人殺したのでしょうか・・・

映画【暗数殺人】のあらすじネタバレ

映画「暗数殺人」 あらすじネタバレ

ヒョンミン刑事が麻薬捜査の重要参考人として接触したカン・テオは、恋人を殺害容疑でその場で逮捕されます。

収監されたカン・テオはヒョンミン刑事を呼び出し、「俺が殺したのは全部で7人だ」と突然告白します。

そんなことができるはずがないと、カン・テオの証言に周囲は一切耳を貸しませんでしたが、ヒョンミン刑事は直感で真実だと確信し、上司の反対を押し切って捜査に踏み出します。

カン・テオの証言通り白骨化した死体が発見されますが、「俺は運んだだけだ」と突然証言をくつがえします。

その後もカン・テオは奇妙な発言を繰り返し、ヒョンミン刑事や周囲を翻弄していきます。

捜査は難航しますが、確固たる信念でヒョンミン刑事は事件を捜査し、不可解な発言を繰り返すカン・テオに向き合っていきます。

カン・テオの証言の真相と、ヒョンミン刑事を翻弄する目的とは・・・

映画【暗数殺人】のまとめ

今回は、映画『暗数殺人』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

殺人犯カン・テオが刑事を翻弄した目的と驚愕の真相は、ぜひ劇場でご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク