邦画

映画「甘いお酒でうがい」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「甘いお酒でうがい」 あらすじネタバレ

映画『甘いお酒でうがい』は2020年4月公開の映画です。

お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが脚本、大九明子が監督つとめた、独身OL女性が綴った日記のエピソードがついに映画化されました!

今回は映画『甘いお酒でうがい』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【甘いお酒でうがい】の作品情報


映画『甘いお酒でうがい』の作品情報は以下の通りです。

作品名 甘いお酒でうがい
配給会社 吉本興業
公開日 2020年4月10日
上映時間 107分
音楽 高野正樹
監督 大九明子
脚本 じろう

本作は「美人が婚活してみたら」の脚本・じろうと、監督・大九明子がタッグを組んだ最新作の映画です。

お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが演じてきたキャラクターの川嶋佳子を主人公に書いた、小説『甘いお酒でうがい』が映画化されました。

40代独身OLの主人公が書き綴った日記の、何気ない日常と小さな喜びは、あなたも共感出来るエピソードが満載です!

映画【甘いお酒でうがい】の予告動画

映画『甘いお酒でうがい』の予告動画をご紹介します!

映画【甘いお酒でうがい】のキャスト

映画『甘いお酒でうがい』の出演者をご紹介します。

川嶋佳子:松雪泰子

松雪泰子が演じる主人公の川嶋佳子は、ベテラン派遣社員として働く40代の独身OL。

小さな喜びなど、毎日日記に綴っている。

会社の同僚の若林ちゃんと過ごす時間に幸せを感じている。

若林ちゃん:黒木華

黒木華が演じる若林ちゃんは、主人公・佳子を同じ会社で勤務する年下の同僚。

佳子のことを慕っている可愛い後輩。

岡本くん:清水尋也

清水尋也が演じる岡本くんは、主人公・佳子が恋するふた周り年下の男性。

スポンサーリンク

映画【甘いお酒でうがい】の見どころ


本作はお笑いコンビ「シソンヌ」のじろうがコントで演じてきたキャラクター、川嶋佳子を描いた小説が映画化されています。

主人公の佳子は控えめな性格でちょっぴり運が悪いところもありますが、とても魅力的な女性です。

本作では主人公が何か大きな事件に巻き込まれたり、成長したりという物語ではなく、40代独身女性のありきたりな日常を描いています。

ですが、そんな主人公は小さなことに喜びを感じたり、楽しんだり、人が不運と感じるようなことさえも見方を変えることのできるスキルを持った女性です。

主人公が電車に乗るさい亡き母の面影を追い求めるシーンや、ヒールで信号待ちをしているシーンなど、日記には日常のありきたりなことが浮き沈みなく綴られています。

多くの女性が共感出来るシーンが満載なのも本作の見どころです。

ドラマ『白鳥麗子でございます!』で主演を飾り一躍有名になった松雪泰子が主人公・佳子を、ドラマ『凪のお暇』で話題を集めた黒木華が若林ちゃん役をつとめます。

2012年に映画『震動』で俳優デビューを果たした、今をときめく若手俳優・清水尋也が、主人公が恋に落ちるふた周り年下の岡本くんを演じます。

どんな一日を過ごしても、最後はお酒を飲んで気持ちを見つめる独身女性の、切なさも、やるせなさも、どこかほっとさせられるような作品です。

映画【甘いお酒でうがい】のあらすじネタバレ

映画「甘いお酒でうがい」 あらすじネタバレ

ベテラン派遣社員として勤務する40代独身OLの主人公・佳子は、毎日日記を綴っていました。

平凡な日常の小さな喜びなどを綴った日記は、誰に見せるわかでも、自分で読み返すわけでもありません。

撤去された自転車との再会や、変化を求めて逆方向の電車に乗るなど、佳子は小さな喜びと楽しみを見つけて生活をおくっています。

佳子は会社の同僚で年下の若林ちゃんと過ごす時間に幸せを感じていました。

そんな平凡で何が起こるでもない佳子の生活に、突然変化が訪れます。

ふた周りも年下の岡本くんに、恋に落ちるのですが・・・!

映画【甘いお酒でうがい】のまとめ

今回は、映画『甘いお酒でうがい』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

40代独身OLの主人公の、毎日が綴られた日記から見る様々なエピソードは、ぜひ劇場でご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク