洋画

映画「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」のあらすじネタバレ

映画『赤い闇 スターリン!?の冷たい大地で』は2020年8月公開の映画です。

1933年、世界恐慌の中、ソビエト連邦の知られざる真相を暴いた若きジャーナリストの物語が、ついに映画化されました!

今回は映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【赤い闇 スターリンの冷たい大地で】の作品情報

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』の作品情報は以下の通りです。

作品名 赤い闇 スターリンの冷たい大地で
配給会社 ハピネット
公開日 2020年8月14日
上映時間 118分
音楽 アントニー・ラザルキービッツ
監督 アグニェシュカ・ホランド
脚本 アンドレア・チャルーバ

本作は、ソビエト連邦の繁栄の裏に隠された真実を、一人の若きジャーナリストが暴いた実話に基づくヒューマンドラマです。

経済的に繁栄していたソビエト連邦に隠されていたのは、ウクライナの人々が地獄を見ていたという恐ろしい悪夢の真実。

命をかけて権力と戦い、自ら凍てつく現地へ乗り込んでいく実在した主人公の姿に、あなたも心が震えること間違いなしです!

映画【赤い闇 スターリンの冷たい大地で】の予告動画

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』の予告動画をご紹介します!

映画【赤い闇 スターリンの冷たい大地で】のキャスト

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』の出演者をご紹介します。

ガレス・ジョーンズ:ジェームズ・ノートン

ジェームズ・ノートンが演じるガレス・ジョーンズは、イギリス人ジャーナリスト。

ヒトラーへの取材経験を持っている。

世界恐慌の中、なぜ「ソビエト連邦」だけ繁栄しているのか、謎を解くため奮闘する。

エイダ:バネッサ・カービー

 

この投稿をInstagramで見る

 

She’s coming… 2nd August @universalpictures @davidmleitch

Vanessa Kirby(@vanessa__kirby)がシェアした投稿 –

バネッサ・カービーが演じるエイダは、ニューヨーク・タイムズの記者。

モスクワ支局に勤務している。

ウォルター・デュランティ:ピーター・サースガード

 

この投稿をInstagramで見る

 

March 7: Happy 49th Birthday to Peter Sarsgaard #petersarsgaard #actor #bornonthisday #happybirthday #MarchBirthdays #March #quotes

Nicole Eileen Kerester(@nevecarolvickifan84)がシェアした投稿 –

ピーター・サースガードが演じるウォルター・デュランティは、ピューリッツァー賞受賞者のジャーナリスト。

ソビエト連邦に都合の良い、偽りの記事を書いている。

ジョージ・オーウェル:ジョゼフ・マウル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joseph Mawle(@joseph_mawle)がシェアした投稿

ジョゼフ・マウルが演じるジョージ・オーウェルは、インド生まれのイギリスのジャーナリスト。

スポンサーリンク

映画【赤い闇 スターリンの冷たい大地で】の見どころ


本作は、2019年・第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作品です。

主人公、ガレス・ジョーンズは実在の人物。

1933年、世界恐慌の中、なぜかソビエトだけが好景気という歴史がありました。

そのことに違和感を感じたイギリス人ジャーナリストが「人工的な大飢餓」として、ソビエトの実態を暴こうとしたのです。

真実を突き止めるため、命をかけて権力と戦った若きジャーナリストの勇敢な姿が描かれています。

監督は、「太陽と月に背いて」「ソハの地下水道」で知られるアグニェシュカ・ホランド。

キャストは、イギリスとアメリカの豪華俳優陣です。

主人公を演じるジェームズ・ノートンは、ドラマ「グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース」で注目を集めた俳優です。

この恐ろしい歴史を知り、考えることは、人類が歩むべき大きなテーマでもあります。

誰もが心を揺さぶられる、真実に基づいた衝撃的な作品です!

映画【赤い闇 スターリンの冷たい大地で】のあらすじネタバレ

映画「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」のあらすじネタバレ

1933年

世界は深刻な経済恐慌に陥っていました。

そんな中、ソビエト連邦だけが経済改革を実現し「五か年計画」を順調に進めていたのです。

好景気のソビエトに違和感を持った、イギリス人のガレス・ジョーンズ。

ジョーンズは、ヒトラーへのインタビューに成功した若きジャーナリストです。

「どこから資金繰り」をしているのか、ソビエト連邦のスターリンから話を聞こうと考えます。

真相をつかむため、ジョーンズはソビエトへと足を運ぶのでした。

そこにはすでに、イギリス人ジャーナリストやエンジニアたちが駐在していました。

しかし、彼らはみな派手なパーティーに明け暮れていたのです。

モスクワで滞在することのなったジョーンズも、ホテルを指定され、ソビエトに監視されることに。

自由な行動は一切許されない状況に置かれます。

さらに、ジョーンズの周りで不可解なことが起こり始め…。

ニューヨーク・タイムズの記者であるエイダは「ウクライナに答えがある」と、ジョーンズに告げるのでした。

それを聞いたジョーンズは、迷うことなく汽車に乗り込みます。

なんとかウクライナに到着することができたジョーンズですが…。

そこで見たものは、あまりにも悲惨な状況でした。

人々は飢え、路上には死体が転がり…。

凍てつくウクライナの地で悪夢を見たジョーンズは、ソビエトの偽りの繁栄の真相を、一大スクープにすることができるのでしょうか…!

映画【赤い闇 スターリンの冷たい大地で】のまとめ

今回は、映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

主人公・ジョーンズは、ソビエト連邦が隠す恐ろしい闇の真実を一大スクープにできるのか、結末はぜひ劇場でご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク