洋画

映画「1917命をかけた伝令」のあらすじネタバレ!キャストや見どころ紹介!

映画「1917命をかけた伝令」 あらすじネタバレ

映画『1917命をかけた伝令』は2020年2月公開の映画です。

アカデミー賞に輝いた実力派キャストが集まった、サム・メンデス監督が手掛けた戦争映画がついに映画化!

今回は映画『1917命をかけた伝令』のあらすじやネタバレ、キャストや見どころについて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画【1917命をかけた伝令】の作品情報

映画『1917命をかけた伝令』の作品情報は以下の通りです。

作品名 1917命をかけた伝令
配給会社 東宝東和
公開日 2020年2月14日
上映時間 119分
音楽 トーマス・ニューマン
監督 サム・メンデス
脚本 サム・メンデス クリスティ・ウィルソン=ケアンズ

映画「007 スペクター」などで知られるサム・メンデス監督が手掛けたイギリスとアメリカの合作映画。

重要なミッションを与えられた若きイギリス人兵士の2人の一日を壮大なスケールで描いた作品です。

ベネディクト・カンバーバッチやマーク・ストロングなど実力派のキャストが集結しました。

 

映画【1917命をかけた伝令】の予告動画

映画『1917命をかけた伝令』の予告動画をご紹介します!

 

映画【1917命をかけた伝令】のキャスト

映画『1917命をかけた伝令』の出演者をご紹介します。

ウィリアム・スコフィールド:ジョージ・マッケイ

若きイギリス人兵士で、精神的に自立している主人公。

ウィリアム・スコフィールドを演じたジョージ・マッケイは、ダニエル・クレイグ主演の映画「ディファイアンス」に出演したことで注目を浴びた俳優です。

その後は数々のイギリス映画をはじめ、ミュージカル映画「ずっとあなたを待っていた」などで主要キャストを務めました。

 

トム・ブレイク:ディーン=チャールズ・チャップマン

トム・ブレイクを演じたディーン=チャールズ・チャップマンは、TVシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のトメン・バラシオン役で注目を集めた俳優です。

その後も数々の作品に出演し、サム・メンデス監督の戦争映画「1917 命をかけた伝令」で主人公の英国人兵士役に抜擢されました。

 

スミス大尉:マーク・ストロング

賢くて洞察力のある優しい人物で、とある場所で若い兵士2人と出くわします。

スミス大尉を演じたマーク・ストロングは、1993年の英ドラマ「第一容疑者」で注目されてスクリーンデビューを果たした俳優です。

ハリウッド進出して以降は、映画「シャーロック・ホームズ」や「ロビン・フッド」などで存在感を放っていました。

 

マッケンジー大佐:ベネディクト・カンバーバッチ

第2大隊を率いている大佐。

マッケンジー大佐を演じたベネディクト・カンバーバッチは、TVシリーズ「SHERLOCK シャーロック」のシャーロック・ホームズ役でブレイクした俳優です。

数多くのハリウッドの話題作で活躍し、マーベルの「ドクター・ストレンジ」で一躍有名になりました。

 

スポンサーリンク

映画【1917命をかけた伝令】の見どころ

この映画の見どころは何といっても、「全編を通してワンカットに見える技法」で取られた映像群でしょう。

予告編には、飛行機が突っ込んでくるシーンや爆風が舞う戦地を全力で駆け抜けるなど緊張のアクション映像がありました。

そんな手に汗握るような映像を俳優たちがタイミングと呼吸を合わせて撮影し、究極のリアリティを届けています。

またこの作品は第一次世界大戦をテーマにしているので、戦争を知らない若い世代の方に是非見て欲しいですね。

主演を演じた2人が若い兵士役という事と手に汗握るような映像により、実際の戦争の様子をリアルに感じることができるでしょう。

 

映画【1917命をかけた伝令】のあらすじネタバレ

映画「1917命をかけた伝令」 あらすじネタバレ

1917年、第一次世界大戦中のとある朝。

若きイギリス兵士のスコフィールドとブレイクは、とても重要なミッションを命じられました。

それは敵軍との一触即発の最前線にいる1600人の味方軍に、明朝までに作戦中止を伝えるという任務だったのです。

しかしそれまでの道のりは至るところに罠が仕掛けられ、さらに1600人の軍の中にはブレイクの兄も。

その戦場を通り抜け、この命令を伝えなければ1600人全員が命を落とすことになります。

タイムリミットが迫る中、若き兵士2人の危険なミッションが始まる……。

 

映画【1917命をかけた伝令】のまとめ

今回は、映画『1917命をかけた伝令』の作品情報やあらすじ、ネタバレなどについてまとめました。

映画史の歴史にも残るであろう本作をぜひ劇場でお楽しみください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク