INTRODUCTION

冴えない奥手女子が、一夜にしてネットセレブに!?刺激的でクセになる《危険なゲーム》が始まる・・・。

臆病な自分にうんざりした高校生ヴィーは、勢い余ってインターネットの多数参加型ゲーム「NERVE/ナーヴ」に参戦。1度の挑戦でやめるはずが、挑戦で知り合ったミステリアスでハンサムな青年イアンとコンビを組んで、あっという間に人気者になっていく。しかし、ゲームを続けるうちに視聴者たちから与えられる指令がどんどん危険で過激なものになり……。
全米でポケモンGOがサービス開始された今夏、ポケモンGOとデヴィッド・フィンチャー監督の『ゲーム』をミックスさせたような快作と話題になった『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』。
中田秀夫監督の『Chatroom/チャットルーム』や殺人の実況中継を行う犯人とFBIの戦いを描く『ブラックサイト』、SNS でのみつながることの危うさを描いた『ディス/コネクト』などインターネットがからむ映画は、ここ数年増加傾向にあるが、本作は現実社会で起きてもおかしくないリアルさで映画ファンの心を掴んだ。

リスキーなゲームの世界にようこそ

今や一般的にスマホで自撮りした写真や映像をネットにアップするのは日常だし、ユーチューバーやインスタグラム・セレブとしてメディアにもてはやされればスターになるのも夢じゃない!? 「目指せ、ジャスティン・ビーバー!」と夢見るティーンが、パーティゲーム「Truth or Dare(真実か? 挑戦か?)」の延長のようなゲームに挑戦し、大金が手に入ると知ったら、ノリでアクセスするのも当然だろう。ただし何事にも代償がつきもの。与えられる挑戦の内容は次第にエスカレートしていく。一度、参加すると抜け出せない「NERVE/ナーヴ」。次第に「NERVE/ナーヴ」の恐ろしさが露見するも、警察に通報すれば「密告者」として制裁が待っている…。
インターネットで世界中とつながって「いいね!」と称賛されたり、ツイートをRTされるのは楽しいものだ。やめられなくなるのは、あなたも分かるはず。でもだからこそ、使い方を間違えると危険なものにもなりかねない。
匿名でいられるネット世界が増長させる人間の攻撃性や、個人情報が筒抜けとなるネット社会の恐怖も描かれる。
主役のヴィーとイアンを演じるのは、注目度上昇中のエマ・ロバーツ&デイヴ・フランコ。危険なゲームに絡めとられそうになって踏み止まるヴィーと、ゲームの囚人でありながらもヴィーを救おうとするイアンとして抜群の相性を発揮。二人ともキャリア最高の熱演を披露していて、本作で役者として一皮むけたと絶賛されている。
監督は『パラノーマル・アクティビティ3、4』でスタジオ映画に進出したヘンリー・ジュースト&アリエル・シュルマン。サンダンス映画祭で高い評価を受けたドキュメンタリー映画『Catfish』でSNSの匿名性に着目したコンビが本作ではさらに踏み込み、青春スリラーとして物語をテンポ良く進めながら、インターネットの中毒性や危険性にも言及している。 気軽にインターネットにクリック&スワイプする若者たちを待ち受けるのは何なのか…?!

pagetop